三浦 守(みうら まもる、1956年10月23日 - )は、東京都出身の検察官最高裁判所判事

東京大学法学部卒業後、司法修習を経て、1982年に検事任官[1]。法務省で通算20年あまり勤務し、被害者や遺族が刑事裁判に参加し、被告人質問などをすることができる被害者参加制度の立法に携わった[2]。その後、最高検公判部長、札幌高検検事長、大阪高検検事長を務めた[1]

2018年2月26日に最高裁判所判事に就任[1]。就任会見で「社会が複雑化して価値観が多様化する中で、裁判にはより質の高い審理や判断が求められているように思う。与えられた職務に全力を尽くしたい」と語った[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 最高裁 質の高い審理追求 三浦新判事が抱負 毎日新聞 2018年2月27日
  2. ^ 「当事者の主張に耳傾ける」三浦守最高裁判事が就任会見 産経新聞 2018年2月26日

関連項目編集

外部リンク編集


先代:
西川克行
札幌高等検察庁検事長
2015年 - 2017年
次代:
上野友慈
先代:
寺脇一峰
大阪高等検察庁検事長
2017年 - 2018年
次代:
上野友慈