メインメニューを開く

三浦弘行

日本の将棋棋士

三浦 弘行(みうら ひろゆき、1974年2月13日 - )は、日本将棋棋士。棋士番号204。

 三浦弘行 九段
名前 三浦弘行
生年月日 (1974-02-13) 1974年2月13日(44歳)
プロ入り年月日 1992年10月1日(18歳)
棋士番号 204
出身地 群馬県高崎市
師匠 西村一義
段位 九段
戦績
タイトル獲得合計 1期
一般棋戦優勝回数 3回
2017年5月3日現在

群馬県高崎市出身[1]西村一義九段門下。既婚。

目次

戦績編集

  • 1995年棋聖戦でタイトル戦初挑戦。羽生善治との五番勝負は0勝3敗で敗れた。翌年1996年の棋聖戦で2年連続挑戦者となり、当時七冠を独占していた羽生を3勝2敗で破って初のタイトルを獲得した。羽生七冠の一角を崩した棋士として、一躍、時の人となる[脚注 1](棋聖位は、翌1997年、屋敷伸之に奪われる)。
  • 1998年度、新人王戦で、決勝三番勝負で畠山成幸を下して優勝。
  • 1998年度から2000年度の順位戦で3期連続昇級を果たし、2001年度には棋士番号200番台の棋士として初めてA級八段となる。
  • 2002年度、NHK杯の決勝で先崎学を破って優勝。
  • 朝日オープン将棋選手権で、第22回(2003年度)から3期連続でベスト4に進出。
  • 2005年竜王戦1組で優勝。決勝トーナメントでも挑戦者決定三番勝負に進むが、木村一基に敗れ、8年ぶりのタイトル戦登場はならず。
  • 2010年3月2日に行われた第68期A級順位戦において、郷田真隆を下して羽生善治名人への挑戦権を獲得。自身初の七番勝負2日制のタイトル戦登場となったが、七番勝負では4連敗で敗退した。
  • 2013年棋王戦渡辺明棋王への挑戦権を獲得するも、3連敗でタイトル奪取はならず。
  • 2013年4月20日、第2回将棋電王戦第5局にてGPS将棋と対局し、102手で敗れた。
  • 2015年3月1日に行われた第73期A級順位戦において、広瀬章人に敗れ3勝6敗の成績となり、14期在籍したA級から初の陥落[脚注 2]
  • 2015年度の将棋日本シリーズ決勝で深浦康市に勝利し、13期ぶりの棋戦優勝。
  • 2016年竜王戦渡辺明竜王への挑戦権を獲得するも、将棋ソフト不正使用疑惑により出場停止処分を受けるが、第三者委員会による調査では「不正行為に及んでいたと認めるに足りる証拠はない」と判断され、2017年2月7日に将棋連盟から三浦に対し謝罪がなされた。また補償問題についても2017年5月24日に和解が成立している。また、順位戦においても1期でA級復帰するものの前述の出場停止処分を受け、騒動以後の対局は全て(勝ちも負けも付かない)不戦となる。救済措置として、休場者と同様の張り出し11位で翌期を迎える事になった。
  • 2017年2月13日、竜王戦ランキング1組1回戦の対・羽生戦で出場復帰するも敗退した。復帰後の戦績は、2017年3月末時点で4連敗(うち2局は千日手による指し直し)。ただし、テレビ未放映ながら、4月14日に初勝利を挙げた旨が報道されている[2]。 
  • ファンとの交流イベントとして、2017年4月23日の第62回「天童桜まつり人間将棋」にゲスト出演し、阿部健治郎 七段との対局があり勝利した[3]5月3日には「ハウジングプラザ横浜将棋まつり」で、森内俊之九段との公開対局が行なわれたが敗れた[4]
  • 2018年3月2日に行われた第76期順位戦A級最終戦 対渡辺明戦で「負ければ降級」(渡辺は「深浦康市が勝ち、自身が負ければ降級」)という状況で渡辺を下し、5勝5敗で残留。張り出し11位という不利な立場で残留を決め、通算A級在位期数を17期に伸ばした。3月2日の時点で、三浦の2017年度の勝率は6割を超えており(2017年度の最終成績は、24-15、勝率.615[5])、トップ棋士にふさわしい成績を挙げ[5]、将棋ソフト不正使用疑惑によるダメージから完全復活を果たした[6]

棋風編集

  • 右四間飛車横歩取り3三桂戦法相横歩取りなど、他のプロはあまり指さない戦法も時々採用する。
    • 1999年度前期のNHK将棋講座で、右四間飛車の講座の講師を務めた。
    • 飛車先の歩(先手なら2筋、後手は8筋)を、最後まで突かずに勝利した事がある[7]
  • 研究家として知られ、子供時代から親交のある行方尚史の評する所、広い局面より、狭くて深い局面、いわゆる「局地戦」で強さを発揮するという[8]
    • 羽生から棋聖位を奪った際は相掛かりの序盤で飛車を2八まで引いた(引き飛車)。それまでは飛車の位置を2六(浮き飛車)とするのが一般的であったが、三浦が採用したことによってプロ間で引き飛車が見直された。
    • 革新的な振り飛車戦法である藤井システムによって、対する居飛車側が穴熊に堅く囲うのが困難となった。そこで、三浦は穴熊に代わる新しい堅い囲いを創案し、実戦でも好成績を残す(ミレニアム囲い、トーチカ、三浦囲いなどと呼ばれる)。これにより2000年度将棋大賞の升田幸三賞を受賞。
  • 自分が先手番のときでも千日手になることを嫌わない、珍しい棋士である[脚注 3]
  • 冤罪事件で出場停止処分を受ける前の最後の対局となった順位戦の対渡辺戦において角換わりの4五桂跳ね急戦を採用し、途中で桂を何度も押し売りして強引に飛車交換に持ち込んでいく作戦が竜王戦1局でも採用されたことから話題となった。

以下の図はすでに銀損の三浦がさらに自陣の桂を捨ててまで飛車交換に持ち込もうとする局面である。

2016年10月3日 A級順位戦
第58手 △5二角まで
(この次の一手が▲8五桂)
△渡辺 持駒:銀桂
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲三浦 持駒:桂歩4

人物・エピソード編集

  • 口数少なく将棋にストイックに取り組む姿勢と、その男らしい風貌から「武蔵」の異名を取る。ただし「武蔵」は「むさし」ではなく「たけぞう」と読む(吉川英治版『宮本武蔵』で、宮本武蔵の幼名を「たけぞう」としたことにちなむもの)[9]。電王戦での二つ名は「A級の武蔵(むさし)」であった。


  • ニコニコ動画の第70期名人戦七番勝負第1局​の解説で「みうみう」というあだ名を提案され、本人が「これからは私の事をみうみうと呼んでください。」とが快諾した事から「みうみう」と呼ぶファンも少なくない。
家族・プロ入り以前
  • 小学校3年の時、父(アマ四段)に親子間の会話がないので、せめて共通の趣味でも持とうということで将棋を教えられたことが、将棋と出会ったきっかけ。
  • 2007年6月8日に父が死去。
  • 小学生の頃はおちつきがなく、おしゃべりでうるさく、早指しだったという[脚注 4]
  • 祖父と元首相の福田赳夫は従兄弟同士[10]
  • 藤井猛は同郷の兄弟子に当たる。2人は2001年、同時にA級昇級した。また、奨励会入会試験で1度落ちた経験があることも、2人の共通点である。
  • 明和県央高等学校卒業。
  • 群馬の実家在住。「通勤に便利でも誘惑が多いので、東京には住みません」と断言した[11]
  • 長年独身であったが、2014年秋に一般女性と結婚していたことが報道された[12]
将棋に対する姿勢
  • 屋敷伸之と棋聖戦を戦った当時のインタビューで、一日の将棋の勉強時間が10時間を超えると答えたことがある。「愛読書は『将棋年鑑』」。屋敷は当時、勉強をほとんどしないことを自称していたため、対極的な2人として話題になった。
  • 研究会には入らず、1人で勉強に打ち込んでいたが、後に関西の若手棋士と研究をしている。
  • 野月浩貴の結婚式では誰とも話さず詰将棋を解いていたという噂もあったが、野月の結婚式には出ていないとし、三浦本人が噂を否定している[13]
  • 木村一基の結婚式ではずっと詰将棋を解いていた[14]
  • 若い時には所かまわず目隠し将棋を挑んでいた。加藤治郎名誉九段(元将棋連盟会長)の葬儀の後、駅への帰り道で鈴木大介と目隠し将棋を指していた[15]
  • 2008年4〜5月に順位戦に向け早々とトレーニングを開始したところ、根をつめすぎて体調を崩した[16]
対局関連
  • タイトル戦で対局中に出されるおやつとしてカロリーメイト(ブロックタイプ)をよく注文する。理由は「(ケーキ等だと)勝負が佳境に入るとおやつを食べる暇もなくなり、結局捨てられてしまうのがもったいない」「カロリーメイトなら袋に入っているから残っても誰かが食べられる」というもの[17]
コンピュータ将棋

A級順位戦等にまつわる幸運・戦績編集

  • 初参加の第60期は3勝6敗とA級の高い壁に苦しんだが、加藤一二三先崎学が2勝7敗と振るわなかったため、8位で残留。新参加の棋士が3勝6敗で残留できるのは稀である。
  • 第61期は4勝5敗で丸山忠久(1位)・青野照市(7位)・島朗(9位)・郷田真隆(10位)と並んだが、順位の差で7位に浮上。
  • 第62期は5勝4敗とA級初の勝ち越しを決め、自己最高の5位にジャンプアップ。
  • 第63期は4勝5敗で谷川浩司(3位)・丸山(4位)・鈴木大介(6位)・深浦康市(9位)と相星で並んだが、順位の差で7位(最終局の高橋道雄に敗れていたら陥落だった)。
  • 第64期も3勝6敗と低調、藤井猛(2位)・久保利明(3位)・鈴木(8位)・森下卓(9位)とまた相星で並んだものの、ここでも順位の差に助けられて8位。
  • 第65期も4勝5敗と負け越し、佐藤康光(3位)・丸山(5位)・藤井(6位)・久保(7位)・深浦(9位)と6人が相星で並ぶ(最下位は阿部隆の2勝7敗)異例の展開となったが、幸運なことに3期連続で順位の差が味方して土俵際の8位に踏みとどまる。
  • 第66期では6局目の木村一基戦で自身2回目のA級勝ち越しとなる5勝目をあげ、早々と来期のA級残留(連続8期目)が確定。名人挑戦はならなかったものの、7勝2敗の好成績で第67期は自己最高位の2位で迎える。
  • 第67期では終盤に5連敗を喫するなど3勝6敗と大苦戦。鈴木(9位)・深浦(10位)と相星であったが、熾烈な降級争いの渦中にいた深浦が丸山に屈したため、辛うじてギリギリの8位で踏みとどまった(降級は鈴木・深浦)。
  • 第68期は2勝2敗から怒涛の5連勝、2年ぶりとなる7勝2敗の成績で初の名人挑戦を果たす。なお、前年度A級8位からの挑戦権獲得は、第14期に加藤、第42期に森安秀光が挑戦して以来、26年ぶり3人目の快挙である。
  • 序列1位で迎えた第69期は、終盤まで星が伸びずに苦しんだが、最終戦で熾烈な残留争いを演じていた木村との一騎討ちに快勝、4勝5敗で終えて5位(降級は3勝6敗の木村・藤井)。
  • 第70期のA級順位戦は7回戦を3勝4敗で終えた時点で残留が確定した。最終的には5勝4敗で3位。
  • 第76期は張出扱いの11位で迎えた。8戦目終了時点では3勝5敗であり、降級の危機だったが、9戦目の豊島、10戦目の渡辺明に連勝して、5勝5敗の8位で残留した(降級は渡辺明・行方・屋敷)。
  • 深浦康市は好成績をあげながら順位の差に泣くことが多いが、その時順位の差で深浦を上回っているのは三浦であることが多い。
    • 第53期C級2組 - 三浦(6位、9勝1敗、昇級)、深浦(9位、9勝1敗、昇級ならず・次点)
    • 第58期B級2組 - 三浦(20位、9勝1敗、昇級)、深浦(21位、9勝1敗、昇級ならず・次点)
    • 第63期A級 - 三浦(5位、4勝5敗、残留)、深浦(9位、4勝5敗、降級)
    • 第65期A級 - 三浦(8位、4勝5敗、残留)、深浦(9位、4勝5敗、降級)
    • 第67期A級 - 三浦(2位、3勝6敗、残留)、深浦(10位、3勝6敗、降級) 
この因縁はさかのぼれば、第52期C級2組最終局での三浦-深浦戦で三浦が勝ったことに由来する。この勝利によって三浦は深浦を星1つ上回り、その結果第53期で上位となったためである。なお、この事象は第72期の順位戦の結果、翌期の第73期で深浦が順位戦に参加して以来、初めて三浦の順位を上まわった事により解消している(第72期は、名簿上まだ三浦が上位)。ただし、厳密には深浦は三浦よりプロ入りが1年早いため、三浦は(第52期)順位戦の初参加時点で下位4人の内の1人であり、必然的に開始前の名簿上での順位は深浦が上位である。

昇段履歴編集

  • 1987年 6級 - 奨励会入会
  • 1989年 初段
  • 1992年10月1日 四段(第11回三段リーグ戦優勝・三段リーグ3期目) - プロ入り
  • 1995年4月1日 五段(順位戦C級1組昇級)
  • 1996年10月1日 六段(特別昇段:棋聖獲得など抜群の成績)
  • 2000年4月1日 七段(順位戦B級1組昇級)
  • 2001年4月1日 八段(順位戦A級昇級)
  • 2013年8月16日 九段(勝数規定:八段昇段後250勝)

主な成績編集

獲得タイトル編集

登場回数5回 獲得合計1期

一般棋戦優勝編集

優勝合計 3回

在籍クラス編集

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

将棋大賞編集

  • 第24回(1996年度) 殊勲賞
  • 第28回(2000年度) 升田幸三賞(ミレニアム囲いで高い勝率をあげたことから)
  • 第41回(2013年度) 名局賞特別賞(第72期A級順位戦9回戦)

主な著書編集

脚注・出典編集

脚注編集

  1. ^ 羽生の全冠独占直後に将棋マガジン日本将棋連盟発行)の中で「羽生から最初にタイトルを奪取するのは誰?」というアンケートが行われ、大抵の人が谷川浩司佐藤康光と答えた中、三浦と答えたのは僅か4人であった。
  2. ^ 最終戦前の時点で三浦(6位・3勝5敗)の他に森内俊之(1位・3勝5敗)、郷田真隆(8位・4勝4敗)に降級の可能性が残っていたが、最終戦で両者が共に勝利したため、三浦はもし最終戦で勝利していても降級となっていた
  3. ^ 千日手が成立すると、先後逆(先手と後手を逆にすること)で指し直しになる。将棋は先手が有利なゲームであると考え、先手番で千日手になることを嫌う棋士が大多数である。
  4. ^ 2000年のNHK杯で三浦七段(当時)の解説をした藤井竜王(当時)の話による。
  5. ^ 東京大学のiMac666台とその他13台、計679台をクラスタ接続した特別仕様で、1秒に2億手以上を読む性能になっていた。

出典編集

  1. ^ 三浦弘行(みうらひろゆき)棋士プロフィール”. 日本たばこ産業 (2016年4月1日). 2016年10月15日閲覧。
  2. ^ 朝日DIGITALニュース「将棋の三浦九段が復帰後初勝利」(2017年4月14日17時14分)
  3. ^ てんどう観光物産ナビ「第62回天童桜まつり人間将棋」プログラム
  4. ^ ハウジングプラザ横浜公式web「第5回プラザ横浜将棋まつり」
  5. ^ a b “不正疑惑晴れ復帰から1年 支えに感謝棋道磨く 三浦弘行さん(将棋棋士)” (日本語). 東京新聞. (2018年3月31日). 2018-3-31. オリジナル2018年4月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180415075327/http://www.tokyo-np.co.jp/article/culture/doyou/CK2018033102000243.html 2018年4月15日閲覧。 
  6. ^ 瀬尾厚「第76期順位戦最終局 A級 史上初のプレーオフに 平成30年3月2日」、『将棋世界』(2018年5月号)、日本将棋連盟 pp. 56-65
  7. ^ (第89期ヒューリック杯棋聖戦・携帯中継(2018年4月9日)など
  8. ^ 梅田望夫 『どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか? 現代将棋と進化の物語』 中央公論新社2010年、171-173頁。ISBN 978-4-12-004177-8
  9. ^ 「この男の師匠、誰か知ってますか」”. 将棋ペンクラブログ (2014年11月19日). 2016年10月15日閲覧。
  10. ^ 湯川恵子「将棋・ワンダーランド」、『月刊宝石』、光文社2002年10月
  11. ^ 『NHK将棋講座テキスト』 日本放送協会2001年
  12. ^ 将棋の三浦弘行九段、17歳年下女性と結婚していた”. スポーツ報知 (2015年7月13日). 2016年10月15日閲覧。
  13. ^ 将棋世界』、日本将棋連盟2012年2月、 111頁。
  14. ^ 戦慄の早朝三羽烏”. 将棋ペンクラブログ (2014年11月17日). 2016年10月15日閲覧。
  15. ^ 先崎学 『世界は右に回る―将棋指しの優雅な日々』 日本将棋連盟1997年ISBN 978-4819700641
  16. ^ “観戦記”. 朝日新聞. (2008年8月16日) 
  17. ^ 気遣いカロリーメイト(週刊将棋2月11日号)”. マイナビ出版 (2014年2月10日). 2016年10月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集