三浦 正行(みうら まさゆき、1951年9月18日 - )は、秋田県秋田市出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ

三浦 正行
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県秋田市
生年月日 (1951-09-18) 1951年9月18日(69歳)
身長
体重
181 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1974年 ドラフト6位
初出場 1977年6月26日
最終出場 1980年9月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

来歴・人物編集

秋田市立高卒業後は1970年電電北海道へ入社し、先輩・村井英司のプロ入り後は正捕手を務めた。1974年のドラフト6位で大洋ホエールズから指名を受けるが、1975年の都市対抗に4番・捕手で出場。1年遅れの同年11月に入団し、1981年に現役を引退。

引退後は大洋→横浜で二軍コーチ補佐兼寮長(1982年 - 1983年)、二軍コーチ補佐(1984年)、一軍バッテリー兼トレーニングコーチ(1985年)、一軍トレーニングコーチ(1986年)、二軍バッテリーコーチ(1987年 - 1989年, 2004年 - 2009年)、二軍バッテリーコーチ補佐(2001年 - 2003年)を務めた。横浜コーチ時代は親身な指導で多くの選手を助け、三浦大輔のボールをプロ入り当時から受けたほか、調子が悪くて二軍落ちした時も優しい言葉で心のケアをした[1]。他チームのキャンプなどを視察し、練習方法の違いも学んだ[2]2008年12月には野球タイ王国代表候補の指導にあたり、2009年7月には韓国プロ野球SKワイバーンズの臨時捕手インストラクターも務めた。2010年からはフロントへ異動し、同年は横浜と提携している中国野球リーグ天津ライオンズ二軍監督として派遣されることが発表された。退団後は60歳を機に帰郷し、2013年に学生野球資格回復制度の1期生として指導者資格を取得。母校・秋田中央高のコーチを2年間務めた後、内川聖一上林誠知の自主トレーニングでも打撃を指導[3]2017年9月より延岡学園高校監督に就任[4] したが、2018年8月に持病の膝の手術を行い療養に専念するため監督を退任。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1977 大洋 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1979 35 32 28 3 6 2 0 0 8 1 0 0 0 0 4 0 0 10 1 .214 .313 .286 .598
1980 19 5 5 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2 1 .000 .000 .000 .000
通算:3年 55 38 34 4 6 2 0 0 8 1 1 0 0 0 4 0 0 13 2 .176 .263 .235 .498

年度別守備成績編集

年度 試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1979 23 7 7 0 .000
1980 13 4 4 0 .000
通算 36 11 11 0 .000

記録編集

背番号編集

  • 39 (1976年 - 1981年)
  • 84 (1982年 - 1989年)
  • 83 (2001年 - 2009年)

脚注編集

  1. ^ 日刊スポーツ 延岡学園、短所より長所を伸ばす「三浦番長カラー」 - 野球の国から
  2. ^ 毎日新聞 春の舞台へ:監督と注目選手/2 延岡学園・三浦正行監督 「自分で考え、楽しむ」指導 /宮崎
  3. ^ 延岡学園4点リード守りきれず三浦監督「完敗」 強打収穫、守り課題 西日本スポーツ
  4. ^ 九州高校野球県予選で優勝した延岡学園高監督 三浦正行(みうら・まさゆき)さん”. 宮崎日日新聞. 2017年10月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集