メインメニューを開く

三浦 浄心(みうら じょうしん、永禄8年(1565年) - 正保元年3月12日1644年4月18日))は、江戸時代初期の随筆家。通称は五郎左衛門尉、諱は茂正、戯号は三五庵木算。相模三浦氏一族出身で、後北条氏に仕え小田原征伐等で戦った後、故郷三浦郡に落ち延びた。その後、江戸に出て出家し、自らの見聞等を仮名草子慶長見聞集』『北条五代記』等に書き残した。

生涯編集

相模国三浦郡を根拠とする相模三浦氏の一族で、祖父出口五郎左衛門茂忠は出口城(三浦市初声町下宮田字和田[1])を根拠とし、三浦十人衆の一員だった。後北条氏の侵攻を受けて新井城に籠城し、永正13年(1516年)当主三浦義同が討たれた時、城ヶ島に逃れ、後北条氏に仕えた[2]

父茂信は北条氏政に仕え、里見義弘武田信玄との戦で戦功を挙げた[3]

浄心は永禄8年(1565年)に生まれ、天正5年(1577年)父茂信の死去に伴い、これを継いで北条氏政に仕えた[4]天正18年(1590年)、豊臣秀吉小田原征伐の際、小田原城に籠城したが、落城し、後北条氏は滅亡した。

その後、故郷三浦郡玉縄城代官長谷川長綱支配となり、帰郷して農業を営んだ[2]。しかし、年貢未進のため代官に妻子を取られかけるなど、生活は苦しく、年貢を完納した後、繁栄を耳にした江戸に出て[2]、伊勢町に住んだ[5]

上野寛永寺の南光坊天海に帰依し、浄心寺に住し、正保元年(1644年)3月12日死去し、浄心寺に葬られた[4]。浄心寺は当初[清水観音堂側にあったが、普門院用地となり、文殊楼下不忍池畔に移転したが、これも用地となって廃寺となり、仏像は普門院に預けられた[4]

墓は普門院廃寺後も上野下寺通に残っていたが、明治20年(1887年)頃上野駅用地となり、東漸院谷中墓地に移された[6]

子孫編集

子の茂次、法名清涼院浄閑居士までの系図伝わっているが、その後の家系は不明である[7]

一方、江戸中期には三浦義周、義如、義和と三代に亘って幕府に仕えた家系が存在する[8]

  • 三浦義周天和3年(1683年) - 寛延3年(1750年)1月8日) 五郎左衛門、法名は浄慶、墓所は築地善宗寺
  • 三浦義如享保4年(1719年) - 安永7年(1778年)5月2日) 峯之丞・左膳・靱負・五郎左衛門、法名は浄徹、墓所は上野普門院
  • 三浦義和 峯之丞・左膳・五郎左衛門、相模守・和泉守、従五位

嫡流でないともいうが[4]、通称、法名等から見て、血筋を同じくする可能性が高い[7]。なお、義周の娘は徳川家重側室安祥院として徳川重好を生んでいる[8]

浅草寺淡島堂に慶安3年(1650年)3月12日三浦五郎左衛門尉寄進の手水鉢があるが、どの代のものか不明である[7]。また、雷門外にも延享3年(1746年)三浦義周寄進の手水鉢があったが[9]、現存しない[7]

この他、小舟町塩物問屋三浦屋庄左衛門、三浦半三郎に関係を求める説もある[4]

著書編集

また、江戸後期には以下の写本が残っていた[10]

  • 『狸の舞』1巻
  • 『武徳全書』1巻
  • 『茶呑語』1巻
  • 『鳥獣鮮集』2巻

脚注編集

  1. ^ 鈴木かほる『相模三浦一族とその周辺史 その発祥から江戸期まで』新人物往来社、2007年 p.375
  2. ^ a b c 「人名題号にしらるる事」『北条五代記』巻9
  3. ^ 『北条五代記』巻4「北条氏政東西南北と戦ひの事」
  4. ^ a b c d e 近藤瓶城史籍集覧』第10冊
  5. ^ 『慶長見聞集』巻5「花をる咎に縄かゝる事」
  6. ^ 小宮山綏介『近古文芸温知叢書』第8編、明治24年
  7. ^ a b c d 水江漣子「三浦浄心について」『三浦古文化』24号、三浦古文化研究会、1978年
  8. ^ a b 寛政重修諸家譜』巻1346
  9. ^ 池田定常『浅草寺志』巻6「風雷神門」、文化10年
  10. ^ 柳亭種彦『柳亭記』「二、三浦浄心卒年 附三浦為春の事」