メインメニューを開く

三浦 重成(みうら しげなり)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将、大名。後に「下総三浦藩」と称されるの初代藩主となった。

 
三浦 重成
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 不詳
死没 不詳
改名 佐原作十郎(初名)→三浦義次→重成
官位 従五位下、監物
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康秀忠
下総三浦藩
氏族 佐原氏三浦氏
父母 父:佐原義成
重勝政吉(三男)、重吉安勝(五男)、娘(阿部重次正室)
養子:三浦重次

生涯編集

初め徳川家康小姓であったが、家康の関東移封後に下総印旛郡上総山辺郡に計1万石が与えられた。文禄4年(1595年)に豊臣秀吉によって従五位監物に任じられて併せて豊臣を与えられた。関ヶ原の戦い後、近江国浅井郡に3,000石を加増される。

だが、男子に恵まれなかったために甥の阿部重次を婿養子に迎えたが、後に男子が生まれたために重次に近江の所領を分与して別家を立てさせる。なお、大坂夏の陣には病気の重成に代わって重次が出陣した。後に重次は実家の岩槻藩の後継に立てられたために阿部家に戻り、その後は老中まで昇っている。

元和元年(1615年)には、病気にかかったとされている。三浦重勝が、父を遺襲したのち寛永元年(1624年)に従位下に叙したとあることから、慶長末年ないしは元和年間には没していた可能性が高い。

寛永4年(1627年)、大網城下にあった方墳寺を破却したとされているが、その後の記録は不詳である。ただし、その4年後の寛永8年(1631年)に嫡男の重勝が病没して無嗣断絶したとされているため、それ以前に重成が没して重勝に代替わりをしたものと考えられる。しかし、幕府史料の本格的な編纂以前に同家が断絶したために、重成の生没年に関しては勿論、居城についても下総本佐倉城説・上総大網城説などがあって明らかになっていない。そのため、現在重成・重勝の所領については、佐倉藩大網藩とは別箇に「下総三浦藩」の呼称を仮に用いている状況である。

参考文献編集

  • 大網白里町史編さん委員会 『大網白里町史』三浦監物の町域支配、P268-271、大網白里町、1986年