メインメニューを開く

三浦 陽一(みうら よういち、1955年 - )は、日本歴史学者。専門は現代日本政治外交史。中部大学人文学部教授。中部大学国際人間学研究所長、延世大学校国際学部客員教授等を歴任。

人物・経歴編集

兵庫県たつの市出身[1]兵庫県立姫路西高等学校卒業[2]東京大学文学部国史学科卒業[2][3]ウィスコンシン大学歴史学部大学院修士課程修了[2]一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学[3]藤原彰らの指導を受けた。岐阜大学留学生センター助教授を経て[3]中部大学人文学部歴史地理学科教授、中部大学国際人間学研究所長[4]

専門は現代日本政治外交史[5]。著書『吉田茂とサンフランシスコ講話』において吉田茂に対する否定的評価を展開し、同時期に発表され、同じく否定的な吉田評価を行った豊下楢彦の研究と共に論争を呼んだ[6]延世大学校国際学部客員教授[2]岐阜県史現代編執筆委員[5]、中部ESD拠点協議会中部サステナ政策塾顧問[7]などを歴任。

著作編集

著書編集

訳書編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「三浦 陽一」
  2. ^ a b c d 「著者略歴」『なぜ英語の発音はむずかしい?』
  3. ^ a b c 「著者略歴」『吉田茂とサンフランシスコ講和 下巻』
  4. ^ 「国際人間学研究所」中部大学
  5. ^ a b 「三浦 陽一 MIURA Yoichi」中部大学
  6. ^ 豊下 楢彦「三浦陽一著『吉田茂とサンフランシスコ講和(上下)』」日本史研究 422
  7. ^ 「「中部サステナ政策塾」活動発表交流会プログラム」国際連合大学中部ESD拠点