メインメニューを開く

三瀬雅康

三瀬 雅康(みせ まさやす、1929年4月23日 - )は、福岡県出身の元プロ野球選手で、内野手

目次

来歴・人物編集

福岡県立門司商業高等学校から門司鉄道局を経て1954年に結成された高橋ユニオンズへ入団。二塁、三塁、遊撃を守り内野手のリザーブとして活躍した。ヴィクトル・スタルヒンが日本プロ野球初の300勝投手となった1955年9月4日大映スターズ戦では7番二塁手として先発出場し、初回に好守で併殺を取り、2回には先制打を放ち300勝達成に大きく貢献した。

しかしオフの大量解雇の煽りを受け、この年で引退した。

背番号編集

  • 57 (1954年)
  • 37 (1955年)

成績 編集

176試合374打数72安打0本塁打16打点17盗塁、打率.193

関連項目編集