三田純市

三田 純市(みた じゅんいち、1923年12月22日 - 1994年9月1日)は、日本の落語作家・研究者、演芸作家、脚本家、随筆家。本名は野村全作(旧姓:三田[1])。俳号は「道頓」。三田純一と名乗っていた時期もある。

目次

来歴編集

大阪府大阪市南区道頓堀芝居茶屋「稲照」の長男に生まれる[2]。1946年、慶應義塾大学経済学部卒業[3]。朝日新聞社販売部に勤務、1951年に退社[4]松竹新喜劇曾我廼家十吾2代目渋谷天外に師事し喜劇の台本を手がけるようになる。

1967年から1982年には東京に在住し[5]、1969年には東京やなぎ句会の創設に参加[6]

主な受賞編集

主な作品編集

著書編集

  • 上方芸能 《観る側》の履歴書(三一新書)(三一書房)1971
  • 道頓堀 : 川・橋・芝居 三田純市 著 白川書院 1975
  • 道頓堀物語 : 小説上方芸人譜 三田純市 著 光風社書店 1978
  • 遥かなり道頓堀 三田純市 著 九芸出版 1978
  • とったらもぎどり 三田純市 著 清文堂出版 1986
  • 大阪弁のある風景 三田純市 著 東方出版 1987
  • おおさかののろけ 三田純市 著 駸々堂出版 1987
  • 笑福亭松鶴 三田純市 著 駸々堂出版 1987
  • 御堂筋ものがたり 三田純市 著 東方出版 1991
  • 上方喜劇 : 鶴家団十郎から藤山寛美まで 三田純市 著 白水社 1993
  • 昭和上方笑芸史 三田純市 著 学芸書林 1994
  • 大阪弁のある風景 続 三田純市 著 東方出版 1995

共著編編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  5. ^ 矢野誠一「芸人という生き方」(文春文庫)P.229
  6. ^ 矢野誠一『戸板康二の歳月』(ちくま文庫)P.92