メインメニューを開く

三番町 (千代田区)

東京都千代田区の町名

地理編集

千代田区西部に位置する。北部は九段北に接する。東部は皇居千鳥ヶ淵に接し、これを境に北の丸公園に接する。南部は一番町に接する。西部は四番町に接する(地名はいずれも千代田区)。

かつては九段の九段坂上交差点より半蔵門交差点の麹町にかけての内堀通り沿いに邸宅が建ち並ぶ山の手の住宅街だったが、業種の多様化・就業人口の増加による業務地の不足から、徐々に他の千代田区内の住宅街同様にオフィスビルが侵食し続け現在はオフィス街化し、残余は公務員宿舎、高層住宅、そして桂宮御仮寓のあった宮内庁分室を含むほんのわずかな民家が残されている。

内堀通りから西側は教育機関、商業施設、高層住宅などが混在しており、残った民家も年々高層建造物へと姿を変え続けている。

表記編集

千代田区の正式なローマ字表記は例外として非ヘボン式のSanbanchoが使用されている[4]。(同様非ヘボン式の使用例は千代田区四番町中央区日本橋が挙げられる)。

歴史編集

現在の三番町は、旧上六番町と旧一番町の全域および旧富士見町一丁目の一部を併合して1933年7月1日に改編・成立した。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
三番町 1,524世帯 3,234人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]。なお、千代田区の中学校では学校選択制度を導入しており、区内全域から選択することが可能[6]

番地 小学校 中学校
全域 千代田区立九段小学校 千代田区立麹町中学校
千代田区立神田一橋中学校

交通編集

町域を南北に内堀通りと大妻通りがそれぞれ通っている。また、町域を東西に番町学園通りが通っている。北部の境界部分に二七通りが通っている。

施設編集

かつて存在した施設編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁別世帯数および人口(住民基本台帳)”. 千代田区 (2017年12月6日). 2018年1月2日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月30日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月2日閲覧。
  4. ^ 町名の読み方ローマ字表記 千代田区
  5. ^ 区立小学校の通学区域”. 千代田区 (2017年8月17日). 2018年1月2日閲覧。
  6. ^ 区立中学校の通学区域と学校選択”. 千代田区 (2017年10月26日). 2018年1月2日閲覧。
  7. ^ 創立当時は、旧町名(上六番町)から「上六(かみろく)小学校」と命名され、東郷平八郎邸に隣接していたため、東郷没後に「東郷小学校」と改称され、戦後現在の校名となった。

関連項目編集

外部リンク編集