メインメニューを開く

三相4線式(さんそうよんせんしき)とは、三相交流電力を4本の電線ケーブルを用いて供給する配電方式である。

低圧三相4線式編集

 
三相4線式配電線

電力需要密度の高い地域で、地中電線路や50 kVAを超え2,000 kVA以下の借室電気室の二次側、電動機などの三相415 V負荷や高周波点灯蛍光灯などの単相240 V負荷を使用する、需要電力の多い建築物構内バスダクト幹線などに用いられる。

三相変圧器二次側中性点から、電圧のかからない接地された中性線と、他の端子から対地電圧240 Vの電圧がかかった電圧線3本とを引き出す。電圧線と中性線とを単相240 V負荷に接続する。相間電圧415 Vの三相負荷には電圧線3本を接続し、中性点を接地線または中性線に接続する(接地方式により異なる)。

単相100/200 Vや三相200 Vの負荷に供給するためには、別に低圧-低圧の三相7線式三相3線式単相3線式スコット結線などの変圧器(タイトランス:Tie Transformer)が必要である。

11.4 kV Y結線特別高圧三相4線式編集

6.6 kV Δ結線三相3線式高圧配電線路に中性線1本を架設して特別高圧に昇圧したもの。20 kV級特別高圧三相3線式などにさらに昇圧されたものが多く、ほとんど現存しない。

6.6 kV Δ結線高圧三相3線式との比較

  • 供給力が√3倍、電圧降下が1/3となる。
  • 同じ容量の負荷に供給する場合には、電線路損失が1/3に低減できる。
  • 事故時の保護に工夫が必要である。

関連項目編集