メインメニューを開く

三省堂編修所(さんせいどうへんしゅうじょ)とは、かつて、三省堂に設置されていた部署。以前の表記は三省堂編輯所

目次

概要編集

当時の三省堂には、辞書を担当する部署が二部門あった。

  • 三省堂編修所
社内の筆者にあたり、自ら原稿を執筆し、かつ編集作業も担当する。
  • 辞書課
外部の筆者が執筆した原稿の編集作業を担当する。

1974年に三省堂が会社更生法の適用を受け倒産した際に、これらは統合され、部署としての三省堂編修所は存在しなくなった。部署としてはなくなったが、現在でも、主に社内の編集者が執筆した辞書については、編者名を三省堂編修所としている。[1]

辞典・事典の例編集

  • 大辞林 第2版
編者:松村明、三省堂編修所
  • 広辞林 第6版
編者:三省堂編修所 (辭林[2]や廣辭林 新訂版などの編者は金沢庄三郎
  • デイリーコンサイス英和辞典 第7版
編者:三省堂編修所
  • デイリーコンサイス和英辞典 第6版
編者:三省堂編修所
  • デイリーコンサイス国語辞典 第4版
編者:佐竹秀雄、三省堂編修所

脚注編集

  1. ^ その他、一般論として、(1)外部の筆者への支払いを印税ではなく、原稿料とする場合や、(2)編集者が内容を改変可能としたい場合などが考えられる。
  2. ^ 初版に相当。実際に、広辞林の版数は辭林を初版として数えたもの。

参考文献編集

外部リンク編集