三笠優子

三笠 優子(みかさ ゆうこ、1949年昭和24年)3月10日 - )は演歌歌手。本名は山本 八重子(やまもと やえこ)。所属レコード会社はキングレコード

目次

来歴編集

愛媛県西宇和郡出身。中学2年から浪曲師松平国十郎に師事するが、ろく膜炎を患い浪曲を断念。博多のクラブ歌手時代に自主制作した「洞海湾の竜」が有線で話題となり、1977年にRVCレコード(後のBMGビクター)から「洞海湾の竜」でメジャーデビュー。

1979年「夫婦舟」がロング・ヒットを記録し、続く「夫婦川」「夫婦橋」の夫婦シリーズ3部作がヒット。デビュー前に結婚し3人の子供がいたが、当時の事務所社長から「旦那、子供がいることは口外しない」と約束させられていたため秘密にしていた[1]。「夫婦橋」のレコード発売前に夫を交通事故で亡くしている[2]

「夫婦舟」で第24回日本レコード大賞ロング・セラー賞を受賞、第31回日本レコード大賞ではアルバム「愛彩歌集」で企画賞を受賞。

所属していたBMGビクターが演歌部門を廃止したため、キングレコードに移籍。 近年は、うつ病、肝炎と闘ってる。

主なヒット曲編集

  • 夫婦舟
  • 夫婦川
  • 夫婦橋
  • 人生
  • 冬から春へ
  • 母ごころ
  • 女の一生
  • 浪花の夢
  • 屋台ばなし
  • 送り酒
  • ふたり坂
  • 椿散る宿
  • 人生船
  • 人生太鼓
  • 博多しぐれ
  • 晴れ 晴れ 雲
  • 人生情け傘
  • 男の人生
  • ひとり娘(立ち食いそば店「富士そば」創業者・丹道夫が「丹まさと」名義で作詞した曲[3]

ベスト盤編集

  • 「ゴールデン☆ベスト 三笠優子 RCAイヤーズ」RCAレーベルに残された膨大な音源から選ばれた「オリジナルヒット作品集」「カバー・ヒット作品集」「任侠・股旅・戦時歌謡作品集」の3枚組。全56曲

出演編集

脚注編集

外部リンク編集