メインメニューを開く

三者連続三球三振を記録した日本プロ野球投手一覧

三者連続三球三振を記録した日本プロ野球投手一覧(さんしゃれんぞくさんきゅうさんしんをきろくしたにほんプロやきゅうとうしゅいちらん)は、日本プロ野球公式戦において、1イニングに3人の打者から連続して3球のストライクのみによる三振を奪い、その3人の打者との対戦だけでイニングの投球を完了した投手の一覧である。

この記録はメジャーリーグベースボール(MLB)においても希少とされる(2017年終了時点で84人・89回)が、日本プロ野球ではさらに少なく、2018年5月16日現在18人(19回)で、完全試合の達成者(15人)とほぼ同じ水準である。2度達成した選手は梶本隆夫のみで、同じシーズンに複数回記録されたのは、2014年が初めて(現在まで唯一)だった。

日本のプロ野球ではカウント0ボール2ストライクからストライクを投じることが忌避された時期があり、1980年代にセントラル・リーグで3年連続最多奪三振を記録した江川卓読売ジャイアンツ)は、現役時代に0-2のカウントからヒットを打たれると罰金を科されたため、捕手からの懇願でやむなくボール球を投げていたと引退後に証言している[1]。江川も含め、1980年代には達成者は一人もいない。

2018年5月16日、福岡ソフトバンクホークスリバン・モイネロが記録を達成[2]したことで、2018年現在存在するチームの中で達成者が出ていないのは埼玉西武ライオンズだけとなった。

宇佐美徹也は1993年の著書『プロ野球記録大鑑<昭和11年 - 平成4年>』のこの記録を取り上げた箇所で、「ほとんどが下位打線相手に作られたもので、クリーンアップを相手にしたのが一つもないのが内容的にもの足りない」と記していた[3][4]。それから24年後の2017年に、東北楽天ゴールデンイーグルス松井裕樹が3-5番の3人から奪う記録を初めて達成している[5]

目次

一覧編集

凡例
投手 (X) 投手の氏名と記録回数
日付 試合が行われた日付
チーム 所属球団
対戦チーム 打ち取られた選手の所属球団
イニング 記録したイニング
打者 (X) 打ち取られた選手
Box 試合のボックススコア
  日本野球殿堂選出
  現役選手
9球で三者三振に打ち取った日本プロ野球投手
投手 日付 チーム 対戦チーム イニング 打者 Box
梶本隆夫  1954年7月10日 阪急ブレーブス 近鉄パールス 6 山本静雄多田文久三山下登 n/a
金田正一  1955年6月22日 国鉄スワローズ 中日ドラゴンズ 2 河合保彦石川克彦原田徳光 n/a
佐藤良一 1956年7月29日 近鉄パールス 毎日オリオンズ 2 橋本力須藤豊池田啓一 n/a
梶本隆夫  (2) 1957年10月18日 阪急ブレーブス 南海ホークス 3 寺田陽介大沢昌芳野母得見 n/a
三平晴樹 1959年7月26日 大毎オリオンズ 東映フライヤーズ 5 水野貞夫山本義司塚本悦郎 n/a
石川緑 1962年5月3日 阪神タイガース 中日ドラゴンズ 3 法元英明河野旭輝江藤愼一 n/a
渡辺秀武 1971年8月4日 読売ジャイアンツ 大洋ホエールズ 8 伊藤勲米田慶三郎坂井勝二 n/a
野村収 1976年9月15日 日本ハムファイターズ 南海ホークス 8 片平晋作ドン・ビュフォード柏原純一 n/a
池谷公二郎 1978年9月12日 広島東洋カープ 中日ドラゴンズ 9 小松健二田野倉利男石井昭男 n/a
平松政次  1979年6月16日 横浜大洋ホエールズ 中日ドラゴンズ 9 ウェイン・ギャレット、田野倉利男、伊藤泰憲 n/a
佐々木主浩  1991年8月28日 横浜大洋ホエールズ 広島東洋カープ 9 達川光男原伸樹音重鎮 n/a
宮本和知 1994年8月17日 読売ジャイアンツ 中日ドラゴンズ 3 鳥越裕介佐藤秀樹立浪和義 n/a
河原隆一 2001年5月1日 横浜ベイスターズ ヤクルトスワローズ n/a
桟原将司 2005年9月6日 阪神タイガース 中日ドラゴンズ 7 中田賢一荒木雅博井端弘和 [6]
ブライアン・ウルフ  2011年5月24日 北海道日本ハムファイターズ 横浜ベイスターズ 2 ブレット・ハーパー吉村裕基渡辺直人 [7]
岩田慎司 2014年5月18日 中日ドラゴンズ 東京ヤクルトスワローズ 8 松岡健一山田哲人比屋根渉 [8]
武藤祐太  2014年9月10日 中日ドラゴンズ 広島東洋カープ 6 田中広輔石原慶幸鈴木誠也 [9]
松井裕樹  2017年4月25日 東北楽天ゴールデンイーグルス 千葉ロッテマリーンズ 9 細谷圭マット・ダフィー鈴木大地 [10]
リバン・モイネロ  2018年5月16日 福岡ソフトバンクホークス 東北楽天ゴールデンイーグルス 8 カルロス・ペゲーロ今江年晶オコエ瑠偉 [11]

脚注編集

出典編集

関連項目編集