メインメニューを開く

三舩浪 盛吉(みふねなみ せいきち、1914年5月28日 - 1943年9月23日)は昭和時代の大相撲力士浅香山部屋井筒部屋所属。本名は有川盛吉。最高位は十両5枚目。

経歴編集

鹿児島県姶良郡隼人町(現霧島市)出身。同郷の横綱であった三代目西ノ海の浅香山部屋に入門。1933年1月初土俵を踏む。間もなく師匠が亡くなり、井筒部屋に移籍する。1940年1月十両昇進。連続5場所その地位にあったが、1942年5月に幕下に落ちてから休場続きで、三段目まで落ちた1943年9月23日、現役のまま死去した。

改名編集

錦江洋→三船浪→三舩浪

関連項目編集

参考文献編集

小池謙二『大相撲星取大鑑』昭和編第1巻、医聖社、1986年