メインメニューを開く

三苗(さんびょう)は、中国神話に登場する悪神共工驩兜とともに並ぶ四罪の一人。

三苗の論戚誼(ろんせきぎ)は、丹朱(たんしゅ=驩兜)と共に(ぎょう)に対して反乱を企てたとされ、それが四罪と目される由来となっている。丹水で行われたこの堯との闘いに敗れたのち、その子孫たちは南方に落ちのび三苗国を建てたとされ、その国の様子や位置は『山海経』などに記されている[1]。三苗の領していた土地の主要分布は長江周辺、洞庭湖鄱陽湖の間であるとも見られている[2]。『史記本紀には、三苗の子孫たちが西の方角にすむ西戎たちになったと記されている[3]

三苗人たちは後の時代にミャオ族の淵源になったとも言われているが、関連性は不明。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 袁珂 著、鈴木博 訳『中国の神話伝説』上、青土社、1993年 268-269頁
  2. ^ 戦国策』魏策云「昔者三苗之居,左彭蠡之波,右洞庭之水,文山在其南,衡山在其北。」
  3. ^ 『史記』舜本紀「遷三苗於三危 以変西戎」

関連項目編集