メインメニューを開く

株式会社 三英(さんえい 英称:SAN-EI Corporation )は、千葉県流山市に本社を置く卓球台・遊具などを製造する企業である。1962年設立。

株式会社 三英
SAN-EI Corporation
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
270-0133
千葉県流山市東初石6-182-1
設立 1962年7月16日
業種 その他製品
法人番号 8010501004788
事業内容 卓球台・遊具などの製造
代表者 代表取締役社長 三浦慎
資本金 9,500万円
主要子会社 三英テクノサービス株式会社ほか
外部リンク http://www.sanei-net.co.jp/
特記事項:登記上の本店は、前身の松田材木店の創業地である東京都台東区
テンプレートを表示

目次

会社概要編集

元々は東京都台東区上野にあった材木店「松田材木店」が、1957年に流山市内に卓球台製造工場をつくったのがはじまりである[1]。その後、1962年に卓球台部門が独立してできた企業が三英である。現在においても、国内における卓球台製造のシェアの7割を占めており[2]夏季オリンピック(1992年バルセロナ、2016年リオ[3][4]、2020東京[5])や、世界卓球選手権等といった国際大会での使用実績も多い。

卓球台の他にも、公園等で設置されている遊具などを製造販売する企業。ジャングルジム滑り台といった一般的なものから、健康遊具まで多岐にわたって企画製造されている。スポーツの分野でも、卓球以外で跳び箱マット水泳用コースロープや、フィットネスマシンなどといったスポーツ用品などの取り扱いも多くなっている。

特に2005年に発売された遊具「プライムコンビ」は構成パーツを組み立てるタイプの遊具として、高い評判を得ている。

2015年11月、日本体育産業株式会社(本社:長野県長野市)の全株式を取得し、関連会社とした[6]

製品編集

スポーツ関連編集

  • 卓球台
  • フィットネスマシーン

遊具・修景関連編集

  • フェンス
  • ベンチ
  • プランター

脚注編集

  1. ^ 昭和の産業史その2”. 流山市 (2012年8月23日). 2015年4月29日閲覧。
  2. ^ “オフィスで卓球ができる1台2役のマルチテーブル 「ピンポンワークテーブル」新発売” (プレスリリース), プラス, (2015年1月26日), http://www.plus.co.jp/news/150126.html 2015年4月29日閲覧。 
  3. ^ 【アスリートを支える】青い卓球台 復興願って - 朝日新聞 2016年4月8日
  4. ^ Home > Tags > レジュブルー - 三英(SAN-EI)ニュース
  5. ^ 2020東京五輪の卓球台が三英に決定 - 卓球王国WEB、2016年10月1日閲覧
  6. ^ 日本体育産業(株)の株式取得について - 三英(SAN-EI)ニュース

外部リンク編集