三菱ふそう・ザ・グレート

ザ・グレート(ザ・グレートMC、1990年モデル)

ザ・グレートTHE GREAT )は、1983年から2001年まで三菱自動車工業(現:三菱ふそうトラック・バス)が製造・販売していた大型トラックである。

目次

概要編集

 
運転席

1983年Fシリーズのフルモデルチェンジの際に命名され、1996年スーパーグレートが登場するまで大型車として製造されていたモデルである。

韓国現代自動車でも「ヒュンダイ・91Aトラック」の名称でライセンス生産が行われており、インドネシアでは現在も製造されている。

特型警備車(装甲車)や大型放水車などの警察の特科車両や各種大型消防車両のベース車としても広く使われており、一見しただけではわからない派生車も多く存在する。

歴史編集

  • 1983年7月 - 登場。その後に登場するファイターキャンターのトラックのデザインコンセプトの基本になったモデルである。ヘッドライトは異型角型2灯を採用(ただし、一部の輸出仕様と除雪車などの特殊車輛は丸目4灯を採用)。エンジンワンキー操作、ステアリングロックが装備され、バッテリーリレースイッチが廃止される。
    • 9月 - 8tセミトラクタP‐FP418DR系を追加。当時まだ6気筒のセミトラクタは少数派だった。
    • 11月 - 重セミトラクタFV‐Rを追加。
  • 1986年7月 - マイナーチェンジ。グリルを大型化。8DC11型エンジンを追加。
  • 1989年5月 - 10DC11型エンジンを追加。
    • 12月 - マイナーチェンジ。平成元年排出ガス規制適合。フロントグリルのデザインを変更。FUSOエンブレムはグリル上部の黒帯の部分に付くようになり、少し小型化された。
  • 1991年7月 - トラクタにABSを標準装備。
    • 10月 - 電動ミラーステーを採用。8M20型エンジン搭載車を設定。
  • 1993年7月 - ビッグマイナーチェンジを実施。後のスーパーグレートにも通じる、現代的なデザインに生まれ変わった。プロジェクタヘッドライトを装着。これは先に登場した2代目ファイターと共通部品。また、インパネも丸みを帯びた新しいものに変更された。
  • 1994年12月 - 平成6年排出ガス規制(KC‐)適合。新規格のGVW22~25t車は「Zシリーズ」と呼ばれ、フロントグリルがキャブ同色化された。8M21型エンジン搭載車を設定。
  • 1995年4月 - 車両総重量規制緩和に適応させ、トラクタをマイナーチェンジ。
  • 1996年5月にスーパーグレートにモデルチェンジしたが、海外向けと構内専用車は継続され、構内専用車は2001年まで製造された。

ラインナップ編集

 
ザ・グレートFS(最終型)
  • FP(前1軸後1軸・4×2)
  • FP-R(前1軸後1軸・4×2 セミトラクタ)型式の末尾にRが付く。例、KC‐FP419DRなど。
  • FS(前2軸後2軸・8×4)
  • FT(前2軸後1軸・6×2)
  • FU(前1軸後2軸・6×2)
  • FV(FUの2デフ版)※トラクタ含む
  • FV-R(前1軸後2軸・6×4 セミトラクタ)型式の末尾にRが付く。例、P‐FV415HRなど。
  • FN(FVの低床版)
  • FR(4×4)※除雪車用
  • FW(6×6)※除雪車用
  • FX(8×8)※除雪車用

搭載エンジン編集

区分 エンジン型式 形態・方式 排気量(cc) 出力帯(PS) 搭載期間
410 6D40 直6・ICT 20,080 350・360(T1)・390(T3) 1989-1996
411 8M20 V8 20,089 385 1992-2001
412 8M21 21,205 420 1995-1996
413 8DC8 14,886 275・280 1992-1996
414 10DC11 V10 22,171 440 1989.5-1996
415 8DC9 V8・NA/ターボ 16,030 300・320・380(T)・390・430・440 1983-1996
416 8DC10 16,752 335 1983-1996
417 6D24 直6・ICT 11,945 330 1995-1996
418 6D22 11,140 225・270(T0)・310 1983-1996
419 8DC11 V8 17,730 355 1986.7-1996
424 10M20 V10 25,112 480 1995-1996

モータースポーツ編集

1997年に日本の大型トラックでは珍しく、パリ・ダカールラリーのカミオン(T4)クラスに2台参戦し、1号車の406番はT4クラスでは5位(T4-2では2位)、2号車の415番はT4クラス6位(T4-2では、3位)を着け無事完走を果たしたが、翌年以降は参戦していない。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集