メインメニューを開く

三菱ふそう川崎硬式野球部

三菱ふそうトラック・バス > 三菱ふそう川崎硬式野球部

三菱ふそう川崎硬式野球部(みつびしふそうかわさきこうしきやきゅうぶ)は、神奈川県川崎市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟していた社会人野球の企業チームである。2009年から休部していたが、2013年に正式に解散した。

三菱ふそう川崎硬式野球部
チーム名(通称) 三菱ふそう川崎、三菱ふそう、ふそう、三菱川崎
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 1957年
廃部 2013年2009年から休部)
チーム名の遍歴

  • 三菱重工川崎 (1957 - 1969)
  • 三菱自動車川崎 (1970 - 2000)
  • 三菱ふそう川崎 (2001 - 2008)
本拠地自治体

練習グラウンド 三菱平間グラウンド(川崎市中原区
チームカラー 黒色、赤色
都市対抗野球大会
出場回数 19回
最近の出場 2008年
最高成績 優勝(3回)
社会人野球日本選手権大会
出場回数 8回
最近の出場 2005年
最高成績 優勝(1回)
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

運営母体は、三菱ふそうトラック・バス

来歴編集

1957年三菱重工業川崎製作所で『三菱重工川崎硬式野球部』として創部[1]1969年に、都市対抗野球に初出場を果たし、ベスト8に進出した。

1970年、三菱重工業の自動車製造部門を分社化し三菱自動車工業が設立したことに伴い、チーム名を『三菱自動車川崎硬式野球部』に改称した[1]1979年日本選手権に初出場し、1995年日本選手権で初優勝を果たした。また、2000年には都市対抗野球で初優勝を果たした。

2001年、チーム名を『三菱ふそう川崎硬式野球部』に改称した[1](三菱自動車工業から大型自動車部門を分社化した三菱ふそうトラック・バス2003年に設立)。2003年には、都市対抗野球で2回目となる優勝を果たした。

2004年3月、本社をめぐる不祥事(三菱リコール隠し)が発覚し、都市対抗野球連覇を目指していたがシーズン途中に活動停止を余儀なくされ、選手たちは社業に専念する事態となった。2005年シーズンから「Revival of FUSO」のスローガンの下、活動を再開し、都市対抗野球神奈川地区予選では第1代表での本戦出場を決め、本大会でも3回目となる優勝を果たした。また、同年9月には川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナーに認定され、地域への活動にも積極的に関わるようになった。

しかし、2008年7月10日に、本社の経営体制見直しの一環として野球部の同年限りでの活動休止が発表され[1]、同年12月1日付けで日本野球連盟から活動休止チームとして公示された[2]。また、休部に伴い川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナー辞任届を提出し、受理された[3]

2013年4月16日付けで、日本野球連盟から解散チームとして公示された[4]

沿革編集

練習場編集

主要大会の出場歴・最高成績編集

主な出身プロ野球選手編集

かつて在籍していた主な選手・コーチ・監督編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 硬式野球部活動休止について”. 三菱ふそう (2008年7月10日). 2016年10月5日閲覧。
  2. ^ チーム情報 登録・変更情報 2008年”. 日本野球連盟. 2016年10月5日閲覧。
  3. ^ 「愛されたチーム誇りに」/三菱ふそう野球部が休部報告(2008年12月2日神奈川新聞
  4. ^ チーム情報 登録・変更情報 2013年”. 日本野球連盟. 2016年10月5日閲覧。

関連項目編集