メインメニューを開く

トッポBJ(トッポ・ビージェイ、Toppo BJ)は、三菱自動車工業がかつて製造・販売していた軽トールワゴンである。「トッポ」を冠する車種として通算3代目。

三菱・トッポBJ (3代目)
H42A/H47A型
前期型(1998年10月-1999年11月)
Mitsubishi-Toppo BJ-1998-front.jpg
中期型(1999年11月-2001年1月)
Z
Mitsubishi toppobj h42a z 1 f.jpg
後期型(2001年1月-2003年12月)
R
Mitsubishi toppobj h41a r 1 f.jpg
販売期間 1998年10月 - 2003年12月
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドア 軽トールワゴン
5ドア 軽トールバン
モノスペース軽ライトバン
エンジン 4A30型/3G83型 0.66Lガソリン
駆動方式 FF/4WD
変速機 フロア5MT
フロア3AT
フロア4AT
コラム3AT
コラム4AT
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:3リンクコイル
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,695-1,790mm
ホイールベース 2,340mm
車両重量 790-900kg
型式 H42A/H47A(ワゴン)
H42V/H47V(バン)
先代 三菱・ミニカトッポ
後継 三菱・トッポ
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2003年に一旦販売を終了したが、2008年9月17日に2代目eKスポーツの主要コンポーネンツを流用しながら各部に改良を加え「トッポ」として販売を開始し、事実上のブランド復活を果たしたが、2014年3月に販売終了した。

概要編集

ミニカシリーズから独立したモデルとなり、スズキ・ワゴンRのヒットにより、他社でも類似車種(ダイハツ・ムーヴホンダ・ライフ)を発売するに至った。1998年の軽自動車規格改正に際して、三菱からも軽トールワゴンをラインナップすることになった。

ボディは5ドアのみで5ナンバーの乗用と4ナンバーの商用の2タイプ。バックドアは右に開き、前期型と中期型では一部のグレードにリアガラスハッチ[1]が装備されたグレードも存在する。先代のミニカトッポのオプションで存在した 、かなりの荷物が入るオーバーヘッドネットは小さく2組に分かれる形になってしまったが、代わりに中級グレード以上に小物程度の物が入れられるオーバーヘッドコンソールが装備された。

先代のミニカトッポ同様、室内のフロア高と全席の座面高が元となったミニカと全く同じで、室内高のみが高い設定。全高は最大で1,790mmと、ミニカトッポ同様、今日の「軽スーパーハイトワゴン」の先駆けだった。

ミニカに代わるメイン車種としてターボ付きグレード「R」もラインナップされた。当時FFターボ車としては廃れつつあった5速M/Tも選択出来た。

また、パジェロジュニアタウンボックスワイド同様に排気量1,100ccの直列4気筒エンジン(4A31型SOHC16バルブ)を搭載し車幅を広げた小型乗用車登録のトッポBJワイドも登場。

歴史編集

  • 1998年10月 - ミニカトッポの後継モデルとして発表。CMキャラクターには当初、香取慎吾樹木希林が起用されていた(後に藤原紀香に変更)。
  • 1999年11月 - 最初のマイナーチェンジ。「R」グレードはホイールが13インチから14インチに変更。「Z」グレード(「R」グレードのノンターボ仕様。ただしタコメーターはなし)および「M」グレードを基本とし、4気筒SOHC16バルブターボを搭載する「M-T」グレードを新規追加。これに伴い最廉価グレードの「S」のATを4速から3速に変更。更に4速の場合オーバードライブスイッチが廃止されシフトインジケーターがD4、D3となった。そのため以降の三菱のFF軽の4A/T車は全てシフト操作でオーバードライブを解除する方式となる。「X」グレードが廃止。
  • 2000年11月 - 「S」グレードをベースとした特別仕様車「グッピー」、「グッピー・リミテッド」を発表。ベースとなった「S」グレードに対し、丸型2灯式ヘッドランプを用いた専用のフロントグリルやオーディオ[2]、トリップメーター付液晶オドメーター、リアプライバシーガラス等[3]を装備。
  • 2001年1月 - 大規模なフェイスリフト(「グッピー」、「グッピー・リミテッド」は除く)。ボディ前後の意匠変更。コラムシフト及びベンチシートの追加。
    • 10月 - 一部改良。3G83型エンジン搭載車がこれまでのMVV仕様(リーンバーン)から通常仕様(ストイキオバーン)に変更となる。
  • 2002年9月 - 一部改良。排ガス規制グリーン税制などの強化に伴い4A30型エンジン搭載車が全て廃止、以後3G83型エンジン搭載車のみのラインナップとなる。
  • 2003年12月末 - 生産、販売共に終了。これにより、三菱から2008年9月に「トッポ」としてボディの一部及びインパネ、収納を中心とした大幅な内装変更をして復活されるまで車高1550mmを超える軽トールワゴンのラインナップが消滅した。軽トールワゴン全盛の中で異例の販売終了であった。


車名の由来編集

脚注編集

  1. ^ バックドアが閉まっている時にバックドアガラスのボタンを押すと窓を開けることが可能
  2. ^ 「グッピー」は1DINサイズのカセットオーディオ+2スピーカー、「グッピー・リミテッド」は2DINサイズのCD/MDオーディオ+4スピーカーがそれぞれ標準装備される。
  3. ^ このほか、「グッピー・リミテッド」には13インチアルミホイールも標準装備される。
  4. ^ 大きな楽しさの意味。

関連項目編集

外部リンク編集