メインメニューを開く

三菱・4N1型エンジンは、三菱自動車工業によって開発・製造されている小・中型乗用車向けの直列4気筒ディーゼルエンジンの系列である。製造は京都府京都市にあるパワートレイン製作所京都工場にて行われる [1][2]

三菱・4N1型エンジン
Mitsubishi 4N14 engine.jpg
三菱・4N14エンジン
生産拠点 三菱自動車工業
製造期間 2010年-(国外向け)
2013年-(国内向け)
タイプ 直列4気筒DOHC16バルブ
排気量 1.8L
2.2L
2.4L
テンプレートを表示

目次

概要編集

2006年(平成18年)6月、三菱自動車工業と三菱重工業は2010年(平成22年)の量産化を目指し、次世代クリーンディーゼルエンジンを共同開発することを発表した。当初は欧州市場への輸出向けであったが[1]、後に北米など他の主要市場にも投入することが発表された[2][3]。次世代ディーゼルはMiEVとともに、2006年(平成18年)7月に発表された三菱自動車の「環境行動計画2010」における中核を成すものとされた[2][4]

4N1型エンジンは、まず1.8 L(1,798 cc)の4N13が2007年のフランクフルトモーターショーでConcept-cXとともに発表された。続いて2.2 L(2,268 cc)の4N14が同年の東京モーターショーでConcept-ZTとともに発表され、翌年の北米国際オートショーに出展されたConcept-RAにも搭載された[5][6][7][8]

4N1型エンジンは欧州のEuro 5、米国のTier 2 Bin 5、日本のポスト新長期規制に準拠すべく設計された[2][8]。燃焼時の急激な圧力上昇を減らしてアルミシリンダーブロックの重量を抑えられるように、エンジンは低圧縮比となるように設計されている。DOHC16バルブの吸気側にはMIVECが採用されているが、可変バルブ機構を採用した乗用車用ディーゼルはこれが世界初となる[9]。コモンレール式で噴射圧力2,000気圧のインジェクターを採用して燃焼効率を高めている。4N13にはソレノイド式、4N14にはピエゾ式のインジェクターがそれぞれ採用されている。いずれにも急速昇温タイプのセラミックグロープラグが装着されている。

4N13はタービン側に可変ベーンを備えたVGターボを装着し、異なる運転状況に応じて最適な過給圧をもたらす。4N14はコンプレッサーにも可変ベーンを備えたVD/VGターボを装着し、さらに燃焼効率を高めている[10]

摩擦、騒音、振動低減のためオフセットクランクシャフトを採用し、全域でスムーズさと静粛性を実現した。

そして、各国の排出ガス規制に適合するため、ディーゼル酸化触媒(DOC)、NOxトラップ触媒(NTC)、ディーゼル微粒子捕集フィルター(DPF)を組み合わせた触媒システムが開発された[10]

諸性能編集

4N13編集

シリンダー配置 直列4気筒DOHC16バルブMIVEC
排気量 1,798 cc
ボア 83 mm
ストローク 83.1 mm
圧縮比 14.9:1
過給器 インタークーラー付きVGターボ
燃料噴射装置 ソレノイド式コモンレール
最高出力 85 kW(116 PS)/ 4,000 rpm
110 kW(150 PS)/ 4,000 rpm
最高トルク 300 N·m(31.0 kgf·m)/ 2,000-3,000rpm

2010年から欧州向けのASX(日本名RVR)およびランサー(日本名ギャランフォルティス)に搭載。

4N14編集

シリンダー配置 直列4気筒DOHC16バルブMIVEC
排気量 2,268 cc
ボア 86 mm
ストローク 97.6 mm
圧縮比 14.9:1
過給器 インタークーラー付きVG/VDターボ
燃料噴射装置 ピエゾ式コモンレール
最高出力 130 kW(177 PS)/ 3,500 rpm
最高トルク 380 N・m(39.0 kgf・m)/ 2,000rpm

2010年から欧州向けのアウトランダーに搭載。

2013年からデリカD5(4WD)に搭載。(最高出力109kW(148PS)/3,500rpm、最大トルク360N・m(36.7kgf・m)/1,500~2,750rpm)

4N15編集

シリンダー配置 直列4気筒DOHC16バルブMIVEC
排気量 2,442 cc
ボア 86 mm
ストローク 105.1 mm
圧縮比 15.5:1
過給器 インタークーラー付きVG/VDターボ
燃料噴射装置 ピエゾ式コモンレール
最高出力 133 kW(181 PS)/ 3,500 rpm
最高トルク 430 N・m(43.9 kgf・m)/ 2,000rpm

2014年度防衛省調達分から73式小型トラックに搭載。この仕様では出力やトルクを4M40搭載の旧型車と同一に減格している。

2015年から東南アジア等向けパジェロスポーツ及び国外向けトライトンに搭載。

関連項目編集

脚注編集