メインメニューを開く

三菱商事都市開発株式会社(みつびししょうじとしかいはつ)は、ショッピングセンターを中心に開発・運営を行っている三菱商事グループのディベロッパー企業である。

三菱商事都市開発株式会社
Mitsubishi Corporation
Urban Development, Inc
本社のある有楽町電気ビルヂング
本社のある有楽町電気ビルヂング
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
100-0006
東京都千代田区有楽町1丁目7番1号
有楽町電気ビルヂング北館8階
設立 2007年平成19年)5月1日
業種 サービス業
不動産業
法人番号 2010001140040 ウィキデータを編集
事業内容 商業施設デベロップメント
商業施設開発コンサルティング
商業施設のプロパティマネジメント
商業施設の商圏調査・分析・評価
不動産仲介
代表者 代表取締役社長 糸川 裕樹
資本金 7億円
売上高 190億3500万円(2019年03月31日時点)[1]
営業利益 49億4400万円(2019年03月31日時点)[1]
経常利益 49億4500万円(2019年03月31日時点)[1]
純利益 34億2100万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 623億1100万円(2019年03月31日時点)[1]
主要株主 三菱商事株式会社(90%超)
乃村工藝社(数%)
外部リンク http://www.mcud.co.jp/
特記事項:2011年5月、現在地に移転。
テンプレートを表示

概要編集

社名が示すとおり、元々は都市部向けを主としてショッピングセンターの開発を行っていたが、2007年(平成19年)10月1日を以て、同じグループで地方向けのショッピングセンターを中心に開発・運営していたディベロッパー企業の日東都市開発株式会社吸収合併し、以降はショッピングセンターの開発・運営事業を総合的に手がけている。

運営施設編集

開発運営編集

東日本地区
西日本地区

プロパティマネージメント受託編集

東日本地区
西日本地区

かつて運営していた施設編集

  • COCOE
    • 兵庫県尼崎市潮江1丁目3番1号
    • 141テナント(核テナント含む)
    2012年(平成24年)2月より東急不動産の運営に切り替わったことで契約終了となった(SC自体は2013年(平成25年)10月に「あまがさきキューズモール」に名称変更されたのを経て、2014年(平成26年)5月現在も営業中)。

沿革編集

三菱商事都市開発(当社)の沿革編集

  • 2002年(平成14年)9月 - 三菱商事と乃村工藝社が共同で「株式会社リテールプロパティーズ」を設立[2]
  • 2007年(平成19年)
    • 5月1日 三菱商事による増資により、三菱商事グループ「三菱商事都市開発株式会社」(資本金3億円)に商号変更(会社概要上の設立年月)
    • 10月1日 - 日東都市開発株式会社下記参照を吸収合併(資本金7億円に)
  • 2011年(平成23年)5月 - 東京都千代田区有楽町に本社を移転

旧・日東都市開発の沿革編集

  • 1973年(昭和48年)9月 - 「日東都市開発株式会社」設立(三菱商事完全子会社
  • 1993年(平成5年)3月 - 横浜パークタウンSC事業所設立
  • 1998年(平成10年)10月 - 長野事業所設立
  • 2000年(平成12年)10月 - 三菱商事グループスフィアより、スフィアコレクション&スフィアガーデンの運営を引き継ぐ、天王洲事業所設立
  • 2006年(平成18年)
    • 4月 - スフィアコレクション&スフィアガーデンを三菱商事グループから売却、天王洲事業所閉鎖
    • 12月 - ワカバウォークのプロパティマネージメントを受託
  • 2007年(平成19年)10月1日 - 三菱商事都市開発に吸収合併された

脚注編集

外部リンク編集