三菱重工相模原ダイナボアーズ

神奈川県相模原市に本拠地を置くラグビーチーム

三菱重工相模原ダイナボアーズ(みつびしじゅうこうさがみはらだいなぼあーず、: Mitsubishi Heavy Industries Sagamihara DYNABOARS)は、JAPAN RUGBY LEAGUE ONEに所属の神奈川県および相模原市をホストエリアとするラグビーユニオンチーム。プロ契約選手、三菱重工社員選手で構成されている。ホームグラウンドは、相模原麻溝公園競技場(相模原ギオンスタジアム)。

三菱重工相模原ダイナボアーズ
クラブカラー  
愛称 ダイナボアーズ
創設年 1971年
本拠地 相模原市
グラウンド 相模原麻溝公園競技場
(相模原ギオンスタジアム)
収容人数 15300
代表 古殿通義(部長)
ヘッドコーチ グレン・ディレーニー
所属リーグ JAPAN RUGBY LEAGUE ONE
ファースト
ジャージ
セカンド
ジャージ
公式サイト
https://dynaboars.mhi.com/
テンプレートを表示
相模原ギオンスタジアム(2021年2月21日撮影)
相模原ギオンスタジアムで行われたサントリーサンゴリアス戦(2021年2月21日撮影)

概要 編集

  • チーム愛称「ダイナボアーズ」は、ダイナミック(DYNAMIC、活動的な)とボアー(BOAR、猪)の造語。相模原市民を中心に寄せられた187案を元に、亥年2007年のトップリーグ昇格を機に命名された[1]
  • ミッション[1]
    • 「ラグビーを通じて、すべての人々と、夢と感動をともにわかちあい、ともに成長していく」
  • バリュー[1]
    • あくなき挑戦 - 常に最高のプレーを追求し、より高い目標に向かって挑戦し続ける
    • ラグビーへの貢献 - チーム一人ひとりがラグビーの普及・振興に貢献する
    • 地域への貢献 - 地域から親しまれ、人々から愛されるチームを目指す

チームスローガン 編集

  • 2023-24シーズンのチームスローガンは、「心燃える瞬間を」[2]
  • 2023-24シーズンにおいて、ジャパンラグビー リーグワンDivision1のチームで唯一、ラグビーワールドカップ2023で各国代表に選出された選手がいない。そのため、ファンや地域住民、関係団体・企業と一体となってラグビーの価値を創造することを目標としている[2]

マスコットキャラクター 編集

  • ダイボ君 - モチーフはイノシシ。亥年の2007年6月29日発表[3]。初代グリーティングバージョン(着ぐるみ版)は、2019年10月まで全身丸い卵型だった[4][5]
  • 2019年12月には[6]ダンスパフォーマンスも可能な成人ラガーマン体型[7] [8]になった。
  • 2023年11月に、イラストおよびグリーティングバージョンが3代目として再リニューアルされ、少年体型に変わった[9][10][11]。背番号がそれまでの24[12]から0になり、2007年誕生を受けて年齢設定が追加され16歳となった[10]。みんなを楽しませるのが大好きな、相模原の野山を駆け回る男の子[10]

歴史 編集

前身の三菱日本重工ラグビー部は、1960年の第1回関東社会人リーグ(2部)から参加。その後、三菱重工東京製作所を経て、1971年の三菱重工相模原製作所の発足に伴いラグビー部も相模原に移転。同年を創部年としている[1]

1977年関東社会人リーグ3部ブロック初優勝、1986年に同2部ブロック初優勝。1989年関東社会人リーグ1部(当時の関東社会人リーグは東日本社会人リーグの下位リーグ)に昇格した。2000年の関東社会人リーグ1部・Aブロックで2位に入ると、続くチャレンジリーグ[13]秩父宮)で新日鉄釜石を1点差で破り、悲願の東日本社会人リーグ昇格を果たした。前身時代も含め初めてのトップカテゴリーでの戦いとなった2001年は7戦全敗に終わり、1年で関東社会人リーグ1部に降格した[1]

2003年トップリーグ開幕に伴い、トップイースト10に所属となる。2006年度のトップイースト11で優勝を果たし、トップチャレンジでは九州電力に敗れたものの、近鉄に32-31の僅差で勝利。神奈川県のチームとしては初となるトップリーグ昇格を果たした[14]

しかし2007年度トップリーグにおいては「ディフェンス力、取れる状況でスコアに結び付けられない精度の低さ」(相良南海夫監督)などにより、東日本社会人リーグに続いてまたも全敗(勝ち点3)最下位となり、トップイースト11に自動降格した[1]

2012年に新設された相模原市ホームタウンチーム認定制度の第一号に選ばれ、地域での普及活動や社会貢献活動を行う[15]

2016年度シーズンまでは主に三菱重工相模原グラウンド[16]で公式戦が行われていたが、現在は練習場となっている。以降、相模原麻溝公園競技場(相模原ギオンスタジアム)にホームグランドを移した。

トップイーストでは強豪として君臨し、2017-18シーズンからはトップチャレンジリーグに参戦し、2018-19のトップリーグ入替戦で豊田自動織機に31-7で勝利し、2019-20シーズンのトップリーグに12年ぶりに復帰した[1]

2020年2月15日には、NECグリーンロケッツと対戦し、トップリーグ初勝利を果たした[1]

2021年7月16日、新リーグJAPAN RUGBY LEAGUE ONE DIVISION2(2部リーグ)に振り分けされることになった[17]

2022年5月21日・28日に行われたリーグワンの1部・2部入れ替え戦で、NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安を2戦合計勝ち点8-0(第1戦33-25で勝利、第2戦33-19で勝利)で下し、次期2022-23シーズン DIVISION1(1部リーグ)への昇格を決めた[18]

2024年4月13日、三菱重工業の発祥の地である長崎(長崎市総合運動公園かきどまり陸上競技場)で、リーグワンDIVISION1第13節の試合を開催した[19]。リーグワンとしても長崎県での開催は初[20][21][22]

タイトル 編集

最上位リーグ

なし

下位リーグ

7人制大会

成績 編集

リーグ戦戦績 編集

  • 1993-1994シーズン 関東社会人リーグ1部 優勝[注 1]
  • 1994-1995シーズン 関東社会人リーグ1部 優勝[注 2]
  • 1996-1997シーズン 関東社会人リーグ1部 2位(6勝1敗)
  • 1997-1998シーズン 関東社会人リーグ1部 6位(3勝4敗)
  • 1998-1999シーズン 関東社会人リーグ1部Aグループ 3位(5勝2敗)
  • 1999-2000シーズン 関東社会人リーグ1部Aグループ 4位(4勝3敗)
  • 2000-2001シーズン 関東社会人リーグ1部Aグループ 2位(6勝1敗)、東日本社会人リーグに昇格
  • 2001-2002シーズン 東日本社会人リーグ 8位(7敗)、関東社会人リーグ1部に降格
  • 2002-2003シーズン 関東社会人リーグ1部Aグループ 4位(5勝2敗)、トップイースト10に参入
  • 2003-2004シーズン トップイースト10 2位[注 3](7勝2敗)
  • 2004-2005シーズン トップイースト10 2位(8勝1敗)、トップチャレンジ2・3位、トップイースト10残留
  • 2005-2006シーズン トップイースト10 2位[注 4] (8勝1敗)
  • 2006-2007シーズン トップイースト11 優勝(10勝)、トップチャレンジ1・2位、トップリーグに自動昇格
  • 2007-2008シーズン トップリーグ 14位(13敗)、トップイースト11に自動降格
  • 2008-2009シーズン トップイースト11 3位(7勝3敗)
  • 2009-2010シーズン トップイーストリーグ 3位(8勝3敗)
  • 2010-2011シーズン トップイーストリーグ 3位(9勝2敗)
  • 2011-2012シーズン トップイーストリーグDiv.1 3位(7勝1敗1分)
  • 2012-2013シーズン トップイーストリーグDiv.1 2位(8勝1敗)、トップチャレンジ2・1位、トップチャレンジ1・4位、トップリーグ入替戦・敗戦、トップイーストリーグDiv.1残留
  • 2013-2014シーズン トップイーストリーグDiv.1 優勝(9勝)、トップチャレンジ1・3位、トップリーグ入替戦・敗戦、トップイーストリーグDiv.1残留
  • 2014-2015シーズン トップイーストリーグDiv.1 優勝(9勝)、トップチャレンジ1・2位、トップリーグ入替戦・敗戦、トップイーストリーグDiv.1残留
  • 2015-2016シーズン トップイーストリーグDiv.1 優勝(9勝)、トップチャレンジ1・2位、トップリーグ入替戦・敗戦、トップイーストリーグDiv.1残留
  • 2016-2017シーズン トップイーストリーグDiv.1 優勝(9勝)、トップチャレンジ1・2位、トップリーグ入替戦・敗戦、ジャパンラグビートップチャレンジリーグに参入
  • 2017-2018シーズン トップチャレンジリーグ 3位(1stステージ 5勝2敗・3位、2ndステージ 1勝2敗)、トップリーグ入替戦・引き分け、トップチャレンジリーグ残留
  • 2018-2019シーズン トップチャレンジリーグ 2位(1stステージ 5勝2敗・3位、2ndステージ 2勝1敗)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ昇格
  • 2019-2020シーズン (トップリーグカップ プール戦敗退(プール戦1勝4敗・5位)、リーグ戦中止(中止時点での成績:1勝5敗)
  • 2021シーズン レッドカンファレンス7位、プレーオフトーナメント9位[23]

JAPAN RUGBY LEAGUE ONE 編集

シーズン DIVISION 最終順位 リーグ順位 試合数 勝点 得点 失点 得失差 入替戦
プレーオフ
備考
2022 DIVISION2 3位 1位/6チーム 10 43 9 0 1 343 130 213 順位決定戦3位/
入替戦勝利・昇格
[24][25]
2022-23 DIVISION1 10位 10位/12チーム 16 20 4 1 11 360 609 -249 入替戦勝利・残留 [26][27]
2023-24 DIVISION1

2023-24シーズンの順位 編集

JAPAN RUGBY LEAGUE ONE 2023-24
Division 1 順位表
(2024年4月14日時点[28]
編集
チーム 試合数 勝ち点 得点 失点 得失差
1 埼玉ワイルドナイツ 13 61 13 0 0 631 230 401
2 東芝ブレイブルーパス東京 13 52 11 1 1 451 319 132
3 東京サンゴリアス 13 48 10 0 3 500 313 187
4 横浜キヤノンイーグルス 13 43 9 0 4 430 349 81
5 コベルコ神戸スティーラーズ 13 36 7 1 5 522 370 152
6 トヨタヴェルブリッツ 13 34 7 0 6 411 361 50
7 静岡ブルーレヴズ 13 31 6 1 6 431 360 71
8 クボタスピアーズ船橋・東京ベイ 13 29 5 1 7 409 368 41
9 三菱重工相模原ダイナボアーズ 13 22 5 0 8 368 527 -159
10 ブラックラムズ東京 13 13 2 0 11 249 400 -151
11 三重ホンダヒート 13 5 1 0 12 180 642 -462
12 花園近鉄ライナーズ 13 2 0 0 13 259 602 -343
  • 勝ち点は、勝ち4点、引き分け2点、負け0点。
  • ただし、7点差以内の負けは1点を付与、3トライ差以上での勝ちは追加で1点を付与。
  • 同じ勝ち点である場合は下記の順番で順位を決定する。
  1. 勝ち点
  2. 勝利数
  3. ①および②が同数であったチーム間の勝ち点
  4. ①、②および③が同数であったチーム間の得失点差
  5. 全試合の得失点差
  6. 当該チーム間のトライ数
  7. 全試合でのトライ数
  8. 当該チーム間のトライ後のゴール数
  9. 全試合でのトライ後のゴール数
  10. 抽選

2023-24シーズンのスコッド 編集

下表の年齢は、資料性に配慮し、2023年12月9日開幕時点に固定している。

カテゴリA(日本代表の実績または資格あり)は、試合登録枠17名以上、同時出場可能枠11名以上。カテゴリB(日本代表の資格獲得見込み)は、試合登録枠・同時出場可能枠ともに任意。カテゴリC(他国代表歴あり等、カテゴリ A, B以外)は、試合登録枠3名以下。

三菱重工相模原ダイナボアーズ2023-24シーズンのスコッドは下記のとおり[29]

ヘッドコーチ: グレン・ディレーニー

選手 ポジション 身長 体重 誕生日(年齢) 登録区分
石井智亮 プロップ 182cm 120kg (1995-08-23)1995年8月23日(28歳) カテゴリA
小木曽晃大 プロップ 175cm 105kg (1996-03-10)1996年3月10日(27歳) カテゴリA
坂本駿介 プロップ 180cm 107kg (1998-03-13)1998年3月13日(25歳) カテゴリA
シンクル寛造 プロップ 187cm 125kg (1999-08-20)1999年8月20日(24歳) カテゴリA
知念雄 プロップ 184cm 120kg (1990-11-18)1990年11月18日(33歳) カテゴリA
蜂谷元紹 プロップ 180cm 115kg (1998-04-07)1998年4月7日(25歳) カテゴリA
細田隼都 プロップ 173cm 103kg (1995-06-29)1995年6月29日(28歳) カテゴリA
森本潤 プロップ 175cm 115kg (1996-06-04)1996年6月4日(27歳) カテゴリA
梅基天翔 フッカー 171cm 96kg (2000-01-05)2000年1月5日(23歳) カテゴリA
中村篤郎 フッカー 174cm 97kg (1994-04-11)1994年4月11日(29歳) カテゴリA
宮里侑樹 フッカー 179cm 103kg (1997-01-06)1997年1月6日(26歳) カテゴリA
安江祥光 フッカー 176cm 109kg (1984-08-25)1984年8月25日(39歳) カテゴリA
マット・モールズ フッカー 188cm 107kg (1991-05-15)1991年5月15日(32歳) カテゴリC
ウォルト・スティーンカンプ ロック 203cm 121kg (1995-07-21)1995年7月21日(28歳) カテゴリB
エピネリ・ウルイヴァイティ ロック 198cm 118kg (1996-07-07)1996年7月7日(27歳) カテゴリA
趙誠悠 ロック 185cm 102kg (1999-05-13)1999年5月13日(24歳) カテゴリA
徳田亮真 ロック 188cm 105kg (1990-03-07)1990年3月7日(33歳) カテゴリA
中川真生哉 ロック 191cm 109kg (1996-09-12)1996年9月12日(27歳) カテゴリA
リンディー真ダニエル ロック 195cm 110kg (1987-11-09)1987年11月9日(36歳) カテゴリA
松本光貴 ロック 190cm 100kg (2001-11-03)2001年11月3日(22歳) カテゴリA
坂本侑翼 フランカー 176cm 95kg (1998-10-25)1998年10月25日(25歳) カテゴリA
佐藤弘樹 フランカー 179cm 96kg (1995-07-22)1995年7月22日(28歳) カテゴリA
ジャクソン・ヘモポ フランカー 194cm 111kg (1993-11-14)1993年11月14日(30歳) カテゴリC
田中伸弥 フランカー 174cm 96kg (1996-02-15)1996年2月15日(27歳) カテゴリA
鶴谷昌隆 フランカー 186cm 105kg (1990-10-18)1990年10月18日(33歳) カテゴリA
ティモテ・タヴァレア フランカー 186cm 103kg (1998-08-05)1998年8月5日(25歳) カテゴリA
服部航大 フランカー 177cm 96kg (2000-01-16)2000年1月16日(23歳) カテゴリA
吉田杏 フランカー 188cm 108kg (1995-06-30)1995年6月30日(28歳) カテゴリA
マリノ・ミカエリ=トゥウ ナンバー8 193cm 111kg (1997-11-06)1997年11月6日(26歳) カテゴリB
佐川奨茉 ナンバー8 180cm 103kg (2002-01-20)2002年1月20日(21歳) カテゴリA
岩村昂太   スクラムハーフ 182cm 87kg (1993-12-07)1993年12月7日(30歳) カテゴリA
柴田凌光 スクラムハーフ 177cm 80kg (1999-08-12)1999年8月12日(24歳) カテゴリA
ジャック・ストラトン スクラムハーフ 185cm 91kg (1994-08-21)1994年8月21日(29歳) カテゴリB
高橋太一 スクラムハーフ 163cm 70kg (1998-07-16)1998年7月16日(25歳) カテゴリA
中森隆太 スクラムハーフ 174cm 75kg (2000-07-16)2000年7月16日(23歳) カテゴリA
石田一貴 スタンドオフ 173cm 85kg (1996-01-14)1996年1月14日(27歳) カテゴリA
福山竜斗 スタンドオフ 168cm 88kg (1999-10-06)1999年10月6日(24歳) カテゴリA
マット・トゥームア スタンドオフ 183cm 92kg (1990-01-02)1990年1月2日(33歳) カテゴリC
ジェームス・グレイソン スタンドオフ 187cm 90kg (1998-06-26)1998年6月26日(25歳) カテゴリB
落合知之 ウイング 185cm 95kg (1994-06-29)1994年6月29日(29歳) カテゴリA
加島DJ ウイング 175cm 87kg (2001-03-11)2001年3月11日(22歳) カテゴリA
タウモハパイホネティ ウイング 180cm 94kg (1992-10-02)1992年10月2日(31歳) カテゴリA
トージュニア・ヴァエガ ウイング 175cm 85kg (1997-05-28)1997年5月28日(26歳) カテゴリB
ベン・ポルドリッジ ウイング 177cm 88kg (1992-09-21)1992年9月21日(31歳) カテゴリA
岩下丈一郎 センター 174cm 86kg (1996-11-17)1996年11月17日(27歳) カテゴリA
カーティス・ロナ センター 194cm 102kg (1992-05-26)1992年5月26日(31歳) カテゴリC
杉浦拓実 センター 175cm 88kg (1998-08-24)1998年8月24日(25歳) カテゴリA
トニシオ・バイフ センター 177cm 108kg (1991-02-12)1991年2月12日(32歳) カテゴリA
奈良望 センター 180cm 93kg (1996-11-04)1996年11月4日(27歳) カテゴリA
フィシプナ・トゥイアキ センター 188cm 105kg (1995-01-23)1995年1月23日(28歳) カテゴリA
ヘンリーブラッキン センター 180cm 95kg (1988-07-31)1988年7月31日(35歳) カテゴリA
マット・ヴァエガ センター 179cm 94kg (1994-09-07)1994年9月7日(29歳) カテゴリB
三島琳久 センター 175cm 91kg (2000-09-02)2000年9月2日(23歳) カテゴリA
アライアサ空ローランド フルバック 177cm 94kg (1995-07-10)1995年7月10日(28歳) カテゴリA
奥平湧 フルバック 187cm 92kg (1999-05-26)1999年5月26日(24歳) カテゴリA
小泉怜史 フルバック 178cm 87kg (2000-06-22)2000年6月22日(23歳) カテゴリA
中井健人 フルバック 182cm 88kg (1996-08-11)1996年8月11日(27歳) カテゴリA
韓尊文 フルバック 184cm 90kg (1996-07-07)1996年7月7日(27歳) カテゴリA
吉本匠希 フルバック 182cm 83kg (2002-03-05)2002年3月5日(21歳) カテゴリA

過去の所属選手 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 東京ガスと共に同率優勝
  2. ^ 日本IBMと共に同率優勝
  3. ^ トップイーストプレーオフで3位の釜石シーウェイブスに敗れ、トップチャレンジ2への出場はならなかった。
  4. ^ トップイーストプレーオフで3位のNTT東日本に敗れ、トップチャレンジ2への出場はならなかった。

出典 編集

  1. ^ a b c d e f g h 三菱重工相模原ダイナボアーズ | チーム”. 三菱重工相模原ダイナボアーズ. 2023年5月18日閲覧。
  2. ^ a b 三菱重工相模原ダイナボアーズ|2023-24シーズン クラブスローガンならびに『相模原1万人プロジェクト』のお知らせ”. 三菱重工相模原ダイナボアーズ (2023年10月30日). 2023年11月24日閲覧。
  3. ^ 三菱重工相模原、チーム愛称決定”. ジャパンラグビートップリーグ. 2023年1月17日閲覧。
  4. ^ https://twitter.com/stella_ladymomo/status/1185859357700849664?t=RXY8X9k6YHGbHhZeLkT8zw&s=19”. Twitter. 2023年4月9日閲覧。
  5. ^ https://twitter.com/dynaboars/status/907082225430048768”. Twitter. 2023年1月10日閲覧。
  6. ^ https://twitter.com/DYNABOARS/status/1209634160182083585?t=66gkWhHANlDmbB16thkgKQ&s=19”. Twitter. 2023年4月9日閲覧。
  7. ^ (日本語) 【ラグビー】【ダンスバトル】ダイボくんVS警備員さん🐗, https://www.youtube.com/watch?v=Jt5Leh8-VMU 2023年1月10日閲覧。 
  8. ^ (日本語) 【ラグビー】D-STARS✖️ダイボ君✖️警備員さん, https://www.youtube.com/watch?v=s6UaZtGLM90 2023年4月9日閲覧。 
  9. ^ https://twitter.com/DYNABOARS/status/1731162775660216375”. X (formerly Twitter). 2023年12月3日閲覧。
  10. ^ a b c 三菱重工相模原ダイナボアーズ|チームマスコット『ダイボ君』リニューアルのお知らせ”. 三菱重工相模原ダイナボアーズ (2023年11月10日). 2023年11月10日閲覧。
  11. ^ https://twitter.com/DYNABOARS/status/1731162775660216375”. X (formerly Twitter). 2023年12月10日閲覧。
  12. ^ 【回答】ダイナボアーズ一問一答!” (jp). 三菱重工相模原ダイナボアーズ オフィシャルサイト. 2023年1月10日閲覧。
  13. ^ 2000年度 東日本社会人チャレンジリーグ
  14. ^ チャレンジ3節 マッチ&会見リポート(近鉄 31-32 三菱重工)”. ジャパンラグビートップリーグ. 2023年5月18日閲覧。
  15. ^ ホームタウンチーム認定制度”. 相模原市. 2023年5月17日閲覧。
  16. ^ チーム
  17. ^ ラグビー新リーグ名称は「リーグONE」22年1月7日開幕 1部は神戸製鋼、パナソニックら12チーム”. ヤフースポーツ (2021年7月16日). 2021年7月16日閲覧。
  18. ^ 一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン. “NTTジャパンラグビー リーグワン2022、三菱重工相模原ダイナボアーズ ディビジョン1昇格決定 | 【公式】ジャパンラグビー リーグワン”. 【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン. 2023年5月18日閲覧。
  19. ^ 一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン. “三菱重工相模原ダイナボアーズ vs トヨタヴェルブリッツ(NTTジャパンラグビー リーグワン2023-24 ディビジョン1:2024年04月13日)”. 【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン. 2024年4月13日閲覧。
  20. ^ 世界のスター選手が長崎に!ラグビー「リーグワン」が長崎初開催へ”. KTNテレビ長崎. 2024年4月13日閲覧。
  21. ^ NTTジャパンラグビー リーグワン公式戦が長崎に初上陸!長崎県の皆さまに優待チケットをご用意いたします”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES (2024年3月11日). 2024年4月13日閲覧。
  22. ^ 長崎ラグビーフェスティバル2024”. NBC長崎放送 (2024年3月17日). 2024年4月13日閲覧。
  23. ^ 2020-2021 順位”. ジャパンラグビートップリーグ. 2023年5月25日閲覧。
  24. ^ 一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン. “【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン 順位表(2022)”. 【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン. 2023年5月25日閲覧。
  25. ^ 一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン. “【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン 順位表(2022)”. 【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン. 2023年5月25日閲覧。
  26. ^ 一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン. “【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン 順位表(2022-23)”. 【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン. 2023年5月25日閲覧。
  27. ^ 一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン. “【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン 順位表(2022-23)”. 【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン. 2023年5月25日閲覧。
  28. ^ 順位 - JAPAN RUGBY LEAGUE ONE
  29. ^ 三菱重工相模原ダイナボアーズ 選手一覧 - JAPAN RUGBY LEAGUE ONE

三菱重工業のスポーツチーム 編集

現在活動している三菱重工業のスポーツチーム
かつて活動していた三菱重工業のスポーツチーム

関連項目 編集

外部リンク 編集