メインメニューを開く

三谷隆正

三谷 隆正(みたに たかまさ 1889年2月6日 - 1944年2月17日)は、日本法学者

目次

来歴編集

京都府与謝郡弓木村(現・与謝郡与謝野町)出身で、横浜で生糸商をしていた三谷宗兵衛の長男として生まれる。 明治学院在学中、異母姉三谷民子(のち女子学院院長)の影響でクリスチャンとなった。父の事業破産によって、第一高等学校在学中から住み込みの家庭教師として自活。

東京帝国大学在学中より、内村鑑三に師事。1915年に大学を卒業すると、法制とドイツ語の教授として第六高等学校に赴任。1924年に病で長女と妻を相次いで失う。1926年に六高を辞して上京、千駄ヶ谷教会に長老として参加。1927年から第一高等学校教授となり、法制とドイツ語を担当。数度にわたる帝国大学教授就任への誘いを断り続け、1942年に講師を辞するまで一高に勤務。温厚な人柄で知られ、一高の良心と謳われた。

家族・親族編集

長谷川伸は異父兄。三谷隆信は実弟、その子で甥に三谷信がいる。妹・田鶴子の夫は川西実三日本赤十字社社長)。

著書編集

  • 『信仰の論理』 岩波書店、1926 のち新教出版社
  • 『国家哲学』 日本評論社、1929 のち現代教養文庫 
  • 『問題の所在』 一粒社、1929 
  • 『法律哲学原理』 岩波書店、1935 
  • 『アウグスチヌス』 三省堂、1937 のち現代教養文庫  
  • 『幸福論』近藤書店、1944 のち新教出版社。岩波書店、1981/岩波文庫、1992
  • 『知識・信仰・道徳』近藤書店、1948 のち新教出版社
  • 『世界観・人生観』近藤書店、1948
  • 『法と国家』 近藤書店、1949
  • 三谷隆正全集』全5巻 岩波書店、1965-66
    • 「1 信仰の論理、問題の所在、アウグスティヌス」
    • 「2 知識・信仰・道徳、幸福論」
    • 「3 国家哲学、法律哲学原理、法と国家」
    • 「4 世界観・人生観、神の国と地の国」
    • 「5 信仰と生活、書簡、英文、年譜」

回想・伝記研究編集

  • 『三谷隆正 人・思想・信仰』 岩波書店、1967。南原繁高木八尺鈴木俊郎
  • 『三谷隆正の生と死』 同刊行委員会編、新地書房、1990
    • 「三谷隆正誄辞集」、「三谷隆正書簡」、「生誕100年記念懇談会」の構成
  • 村松晋 『三谷隆正の研究』 刀水書房、2001
  • 鶴田一郎 『人間性心理学の視点から 三谷隆正『幸福論』を読む』 大学教育出版、2014

外部リンク編集