株式会社三越伊勢丹(みつこしいせたん、: Isetan Mitsukoshi Ltd.)は、三越伊勢丹ホールディングス傘下の小売業者。百貨店の「三越」「伊勢丹」の関東圏の店舗を運営している。

株式会社三越伊勢丹
Isetan Mitsukoshi Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場(以下は過去のデータ)
東証1部 2779
2003年9月1日 - 2008年3月26日
大証1部(廃止) 2779
2003年9月1日 - 2007年12月21日
名証1部 2779
2003年9月1日 - 2008年3月26日
本社所在地 日本の旗 日本
東京都新宿区新宿三丁目14番1号
設立 2003年平成15年)9月1日
(株式会社三越)
業種 小売業
法人番号 4011101059648 ウィキデータを編集
事業内容 百貨店
代表者 代表取締役社長執行役員 杉江 俊彦
(2017年4月1日就任)
資本金 100億円
(2017年4月1日現在)
決算期 3月31日
主要株主 三越伊勢丹ホールディングス 100%
外部リンク www.imhds.co.jp
テンプレートを表示

概要編集

株式会社三越伊勢丹ホールディングスの傘下で2008年に経営統合した株式会社三越と株式会社伊勢丹が、2011年4月に、三越を存続会社とする合併をして、株式会社三越伊勢丹が発足した。両百貨店とも呉服店を起源とする老舗である。本社所在地は東京都新宿区新宿3丁目の伊勢丹本店内。

札幌仙台新潟静岡名古屋広島高松松山福岡の9都市、ならびに関西地区(京都大阪)の各店舗は、地域ごとに三越伊勢丹グループの別会社が運営している。

伊勢丹新宿店、三越日本橋本店、三越銀座店の3店舗が旗艦店であり、近年では積極的に地方・郊外の不採算店の撤退を行い、都内の旗艦3店に経営資源を集中させている[1][2]。ただし、2020年10月、三越伊勢丹ホールディングスの杉江社長は、近年増加した百貨店空白地帯を中心とした地方都市に、テレビ会議システムや三越伊勢丹のオンラインストアを活用した小型店を40〜50店舗出店することを明らかにしている[3][4]

近年百貨店業界で主流になっているテナント収益などによる不動産事業(百貨店内のショッピングセンター化など)については、営業利益に占める不動産事業の割合は27%程度であり、大丸松坂屋百貨店パルコを擁するJ.フロントリテイリングの44%や高島屋の39%と比べると低い[5]

沿革編集

合併前の両社については、「三越#沿革」「伊勢丹#沿革」を参照
  • 2008年4月1日 - 株式会社三越と株式会社伊勢丹が共同株式移転を行い、共同の持株会社・株式会社三越伊勢丹ホールディングスを設立して、経営統合。
  • 2011年4月1日 - 株式会社三越が株式会社伊勢丹を吸収合併し、同時に「株式会社三越伊勢丹」に商号変更。
  • 2020年7月29日 - 2021年3月期の赤字が、600億円に拡大する見込みと発表した。[6]

店舗編集

 
日本橋三越本店

三越編集

三越専門館事業部

 
伊勢丹新宿本店

伊勢丹編集

小型店編集

2011年、百貨店業界は需要が伸びず、大型店舗の出店する候補地も少なくなった現状を受け、三越伊勢丹ホールディングスは、変化するライフスタイルに対応した新しいコンセプトの小型店で新たな顧客接点の拡大と充実を試みることにした。ターゲットとなる客層は3種類で、従来あまり百貨店に来店していない若い女性、男性ビジネスマン。そして、都心から遠のいた高齢化層。これらに対して、百貨店らしいラグジュアリーさとコンビニエンスなサービスを行うというのが柱になっている。これまでギフトを中心にした従来型店舗のリニューアルもしていく。基本的に旧三越店は「三越エレガンス」あるいは「○○三越」を、旧伊勢丹店では「伊勢丹ミラー」を、子会社の岩田屋三越岩田屋ブランド)では「岩田屋サロン」の名称を使用していたが統合・新コンセプト導入後は「エムアイプラザ(MI PLAZA)」の名称を使用している。岩田屋三越が新規に展開する福岡県内の店舗では「エムアイプラザ岩田屋(MI PLAZA IWATAYA)」の名称を名乗っている。

出店地~各務原、登米佐沼、釧路昭和、羽生、福岡、木更津、ひたちなか、川越、藤枝

エムアイプラザ(MI PLAZA)編集

  • エムアイプラザ河辺 - 2013年9月開店。第一号店。JR青梅線 河辺駅前のマンション一階に所在。
  • エムアイプラザ厚木 - 2014年4月26日開店。三越厚木がアミューあつぎ内に移転し、MD変更。
  • エムアイプラザ羽生 - 2014年10月6日開店。三越羽生のMD変更。
  • エムアイプラザ川越 - 2015年3月13日開店。三越川越がウニクス川越に移転開業。
  • エムアイプラザ旭川 - 2015年3月27日開店。イオンモール旭川駅前の開業に伴い新規出店。
  • エムアイプラザ富士見 - 2015年4月10日開店。ららぽーと富士見の開業に伴い新規出店。
  • エムアイプラザレイクタウン - 2015年4月24日開店。イオンレイクタウン内に所在。
  • エムアイプラザ釧路 - 2014年10月3日開店。イオンモール釧路昭和に出店。

イセタン ミラー編集

ラグジュアリーコスメ編集ショップ。コンセプトは「欲しいときに・好きなように・欲しいモノだけかえる」店。20-30代の女性をターゲットに、駅ビル、ファッションビルに出店。従来、百貨店でしか買えなかった国内外のラグジュアリーコスメ ジバンシィイヴ・サン=ローランクリニーク ラボラトリーズランコムゲランエスティローダーグローバルSHISEIDO等約20ブランドを自主編集で販売。ショップ・スタッフはメーカー・ブランドを越えた商品知識と技術を習得させている[7]

  • ルミネ新宿2(1号店、2012年3月6日開店)
  • ルミネ大宮店(2号店、2012年9月10日開店)
  • セレオ八王子(北館)店(3号店、2013年1月26日開店)
  • ルミネ北千住店・ルミネ横浜店(2013年3月12日開店)
  • 吉祥寺パルコ(2013年4月6日開店)

イセタン羽田ストア編集

羽田空港内店舗。2013年4月20日開店。 男性ビジネスマンをメインターゲットとし、ステーショナリー、雑貨、ギフト等の販売だけではなく、バー、カフェ、ゲストルームなどの居心地のよい空間を提供している。

クイーンズ伊勢丹編集

三越伊勢丹経営統合後、凍結されていた新規出店を再開。郊外への展開を進める。デパ地下で好評の食料品や生活雑貨、リビング用品などの品揃えを充実させていく。三越伊勢丹フードサービスが展開・運営。

脚注・出典編集

  1. ^ 伊勢丹相模原店、伊勢丹府中店、新潟三越の閉店を決定” (日本語). WWD JAPAN.com (2018年9月26日). 2019年10月14日閲覧。
  2. ^ 三越伊勢丹、百貨店大手で唯一赤字の根本原因 | 百貨店・量販店・総合スーパー” (日本語). 東洋経済オンライン (2020年5月10日). 2020年8月8日閲覧。
  3. ^ 三越伊勢丹、地方に小型店 東京からテレビ会議で接客へ:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年10月5日閲覧。
  4. ^ 「もはや百貨でない、ニッチでいい」三越伊勢丹HD社長:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年10月5日閲覧。
  5. ^ 三越伊勢丹、百貨店大手で唯一赤字の根本原因 | 百貨店・量販店・総合スーパー” (日本語). 東洋経済オンライン (2020年5月10日). 2020年8月8日閲覧。
  6. ^ 三越伊勢丹、赤字幅拡大の見通し 21年3月期、600億円に yahooニュース
  7. ^ Beauty News2012.3.6

関連項目編集

外部リンク編集