メインメニューを開く

三輪 茂義(みわ しげよし、1892年5月15日 - 1959年2月27日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

三輪 茂義
ShigeyoskiMiwa.jpg
生誕 1892年5月15日
日本の旗 日本愛知県
死没 (1959-02-27) 1959年2月27日(66歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1912年 - 1945年
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

経歴編集

愛知県出身。三輪茂十郎の三男として生れた。愛知一中を経て、1911年7月、海軍兵学校39期)を卒業し、1912年12月、海軍少尉に任官。海軍水雷学校高等科を卒業し、第11潜水艇隊艇長、第8潜水艇長、第1潜水戦隊参謀海軍潜水学校教官などを経て、1924年11月、海軍大学校(甲種22期)を卒業した。

呂二六潜水艦」長、第1潜水戦隊参謀、第2潜水戦隊参謀、潜水学校教官、軍令部第1班参謀、練習艦隊参謀、第30潜水隊司令艦政本部員、「鬼怒艦長馬公要港部参謀長などを歴任し、1938年11月、海軍少将に進級。

佐世保防備戦隊司令官を経て、太平洋戦争を第3潜水戦隊司令官として迎えた。艦政本部出仕を経て、1942年11月、海軍中将となった。艦政本部第7部長、海軍潜水艦部長を歴任し、1944年7月、第6艦隊司令長官となり潜水艦戦を指揮した。1945年1月23日、呉を出港する呂50を第六艦隊首脳部とともに見送っている。5月、軍令部出仕となり終戦を迎え、同年9月、予備役となった。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。