メインメニューを開く

三輪 裕子(みわ ひろこ、1951年11月6日[1] - )は、東京都[2]杉並区[要出典]出身の児童文学作家。杉並区立高井戸第二小学校杉並区立西宮中学校東京都立富士高等学校卒業[要出典]東京学芸大学教育学部卒業[2]。その後2年間練馬区立大泉学園小学校で教師をする[3]

来歴編集

1982年、「子どもたち山へ行く」で第23回講談社児童文学新人賞受賞[4]。同作品を改稿、「ぼくらの夏は山小屋で」と改題し刊行、1987年野間児童文芸新人賞(受賞当時は野間児童文学推奨作品賞)を受賞する[5]。1989年「パパさんの庭」で野間児童文芸賞受賞[6]。2010年、「優しい音」で新美南吉児童文学賞受賞[7]日本児童文学者協会会員[7]

著作編集

絵本編集

児童書編集

中学年向き[注 1]
  • 『自転車でいこう!』 風川恭子・絵(あかね書房、1996年4月。ISBN 4251040554
  • 『ブルートレインでいこう!』 風川恭子・絵(あかね書房、1997年3月。ISBN 4251040619
  • 『サイクリングキャンプにいこう!』 風川恭子・絵(あかね書房、1998年2月。ISBN 4251040643
  • 『バアちゃんと、とびっきりの三日間』 山本祐司・絵(あかね書房、2008年6月。ISBN 978-4251044051
  • 『岳ちゃんはロボットじゃない』 福田岩緒・絵(佼成出版社、2013年11月。ISBN 978-4333026272
  • 『逆転! ドッジボール』 石山さやか・絵(あかね書房、2016年6月。ISBN 978-4251044259
  • 『ぼくらは鉄道に乗って』 佐藤真紀子・絵(小峰書店、2016年12月。ISBN 978-4338308021
中・高学年向き[注 1]
高学年向き[注 1]
高学年・中学生向き[注 1]
  • 『太古の森へ』 川村みづえ・絵(小峰書店、2001年9月。ISBN 4338174048
  • 『きっとどこかの空の下で』 川村みづえ・絵(小峰書店、2006年5月。ISBN 4338144157
  • 『優しい音』 せきねゆき・絵(小峰書店、2009年12月。ISBN 978-4338224093

アンソロジー編集

「」内が三輪裕子の作品

  • 『夜の翼 ファンタジーの宝石箱 ショートファンタジーストーリーVol,2』(全日出版 2004年9月 ISBN 4861360374 )「不思議なおじさん」
  • 『本は友だち 6年生』(偕成社 2005年3月 ISBN 403924060X )「初めの一歩が踏みだせなくて エッセイ・六年生のころ」

脚注編集

出典編集

  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. ^ a b 『ブルートレインで行こう!』あかね書房刊、p146より。 ISBN 4-251-04061-9
  3. ^ 『バアちゃんと、とびっきりの三日間』あかね書房刊、p158より。ISBN 978-4-251-04405-1
  4. ^ 児童文学新人賞既刊”. 講談社. 2018年1月16日閲覧。
  5. ^ 野間児童文芸新人賞”. 講談社. 2018年1月16日閲覧。
  6. ^ 野間児童文芸賞”. 講談社. 2018年1月16日閲覧。
  7. ^ a b 『岳ちゃんはロボットじゃない』佼成出版社刊、奥付より。ISBN 978-4-333-02627-2

注釈編集

  1. ^ a b c d 対象学年は練馬区立及び杉並区立の図書館のOPACを参照

外部リンク編集