メインメニューを開く

三遊亭 兼好(さんゆうてい けんこう、1970年〈昭和45年〉1月11日 - )は、円楽一門会所属の落語家福島県会津若松市出身。二松學舍大学文学部卒業。本名は佐藤健司(さとう けんじ)。出囃子は『さんげさんげ』。主に古典落語を演じる。

三遊亭 兼好さんゆうてい けんこう
三遊亭 兼好
三ツ組橘は、圓楽一門の定紋である。
本名 佐藤健司
生年月日 (1970-01-11) 1970年1月11日(49歳)
出身地 日本の旗 日本福島県会津若松市
師匠 三遊亭好楽
弟子 三遊亭兼太郎
三遊亭じゃんけん
三遊亭しゅりけん
名跡 1. 三遊亭好作(1998年 - 2002年)
2. 三遊亭好二郎(2002年 - 2008年)
3. 三遊亭兼好(2008年 - )
出囃子 さんげさんげ
活動期間 1998年-
配偶者 あり
所属 円楽一門会
受賞歴
「にっかん飛切落語会」若手落語家表彰努力賞(2006年)
「にっかん飛切落語会」奨励賞(2007年)
第13回 林家彦六賞(2008年)
平成25年度彩の国落語大賞(2014年)

人物編集

三遊亭好楽の二番弟子、2008年9月に真打昇進。惣領弟子である兄弟子好太郎、三番弟子好の助との共通点として弟子三人とも社会人からの転職である(兼好の場合、入門当時から妻子がいた)。

また、兼好が好楽に許されるまでに入門を願い出た回数と、好楽が元師匠8代目林家正蔵(後の林家彦六)に入門を願い出た数は同じである(共に4回目で許可が下りる)。

落語家に成る前は、さまざまな仕事を転々としており、落語との出会いは、27歳の頃に魚河岸で働いていた時で、仕事が昼頃には終わるので「安いお金で時間を潰せる所はないか?」と、寄席に通い始めたのがきっかけ。寄席に何回か通っていると、三遊亭好楽の高座に良く出会うので、「これは運命かな?」と思っていたころ、偶々家も近く、「この辺に(師匠の)家があるな」とスクーターで走っていたところ、偶然、好楽の散歩中に出くわして、「弟子にして下さい」とお願いをしたところ、好楽が「どうでもいいけど、ヘルメットを取れ」と言ったとのこと(その時は入門を断られる)。その後、3回(都合4回)入門を願い出たが、「年齢のこと」「既婚者であること」「子供もいること」などの理由で断られた。最終的に入門を許可されたのは、好楽が「じゃあ、奥さんに電話をして許可を取る」と兼好の妻に電話をし、初め、兼好の妻は三遊亭好楽のことを判っていなかったが、『笑点』に出ていると判ると一変し、「お宅の旦那が噺家に成りたいと言っているが」と聞くと「よろしくお願いします」と即答され、そして入門が許可されたとのこと[1]

略歴編集

  • 1998年10月 - 三遊亭好楽に入門。当時、既に娘が2人いたことから「女子供を作る」で前座名「好作」。
  • 2002年3月 - 名を「好二郎」に改め二つ目昇進。
  • 2006年4月 - 「にっかん飛切落語会」若手落語家表彰努力賞受賞。
  • 2007年12月 - 「にっかん飛切落語会」奨励賞受賞。
  • 2008年 - 第13回 林家彦六賞受賞。
  • 2008年9月 - 真打に昇進。師匠曰く「お前は兼好っぽいから」という理由で初代「兼好」を名乗る。
  • 2014年 - 平成25年度彩の国落語大賞受賞。

著書編集

  • お二階へご案内~ 虎の巻、妻と上手に生きる方法(東京かわら版新書、2018年6月)

弟子編集

三遊亭兼太郎(二ツ目)

三遊亭じゃんけん(前座)

三遊亭しゅりけん(前座)

三遊亭兼便(山里亮太[2]

脚注編集

  1. ^ テレビ朝日落語者」でのインタビューより
  2. ^ WOWOW「落語家Xの快楽 シーズン2.0」の企画で弟子入り

関連項目編集

外部リンク編集