メインメニューを開く

三遊亭 圓好(さんゆうてい えんこう)は、落語家名跡。現在までに7人の落語家が、享号違いで名乗っている。現在は空き名跡(詳細は後述)。

過去には「三遊亭」だけではなく「橘家」の家号を使っていた者もいた。初代立花家圓蔵(橘家圓蔵)が2代目三遊亭圓生を襲名した関係で、当時「橘家」は三遊派の芸人におけるサブ的な家号となっていたため、戦前まで三遊派の芸人は「三遊亭」と「橘家」を名乗る芸人が混在しており、同じ名前でも襲名した時代によって上の名が変わる事例が見られた。この様な背景もあってか、ある書物に「三遊亭圓好」と書かれているのに、別の文献には同じ人物のことを「橘家圓好」と記されている例が見られる。このようなことは明治大正時代には珍しいことではなく、中には橘家圓蔵を三遊亭圓蔵と書いた物まである。

なお、1923年ころには柳派の一門に柳家圓好がいた(詳細は不明)ほか、上方では浪花落語反対派に属していた桂圓好がいる。

  • 初代 三遊亭(橘家?)圓好 - 後の4代目橘家圓太郎。本名は石井菊松。
  • 2代目 三遊亭圓好 - 後の4代目橘家圓喬。本名は柴田清五郎。
  • 3代目 三遊亭(橘家?)圓好 - 後の柳家三好。本名は中田宗太郎。
  • 4代目 三遊亭圓好 - 下記にて詳述。
  • 5代目 橘家圓好 - 後の6代目三遊亭圓生。本名は山崎松尾。
  • 6代目 橘家圓好 - 下記にて詳述。
  • 7代目 三遊亭圓好 - 下記にて詳述。

目次

4代目編集

4代目 三遊亭さんゆうてい 圓好えんこう
本名 中田音吉
生年月日 1881年
没年月日 1906年12月9日
出身地   日本
師匠 4代目橘家圓喬
名跡 1. 橘家喬馬
2. 4代目三遊亭圓好
家族 柳家三好(父)

4代目 三遊亭 圓好(さんゆうてい えんこう、1881年(逆算) - 1906年12月9日)は、落語家。本名は中田音吉。

3代目(後の柳家三好)の実の子。子供のころの明治20年代の末から4代目橘家圓喬の門下になり喬馬と名乗る。明治30年代半ばに圓好を襲名した。圓喬はかなり嘱望していたが期待にそぐわずに20代で夭折した。

6代目編集

6代目 橘家たちばなや 圓好えんこう
本名 菊島 春三郎
生年月日 1908年1月3日
没年月日 不詳年
出身地   日本
師匠 5代目三遊亭圓生
2代目広沢虎造
名跡 1. 三遊亭若蔵(1926年 - 1930年)
2. 広沢若蔵(1930年 - 1933年)
3. 6代目橘家圓好(1933年 - ?)
活動期間 1926年 - ?
活動内容 落語
浪曲

6代目 橘家 圓好(たちばなや えんこう、1908年1月3日 - ?)は、落語家。本名は菊島春三郎。

芝日蔭町の町大工の家に生まれ、小学校6年の時に両親に内緒で5代目三遊亭圓生に入門し神田立花で10日間の見習いをするも断念、1926年に再度5代目圓生に入門し若蔵を名乗る。翌年の1927年に圓生が睦会から三語楼協会に移籍。行動をともにし二つ目昇進。23歳の1930年ころに浪曲2代目広沢虎造一座に属し広沢若蔵の名で浪曲まじりの落語をしていたが、2年ほどで落語家に復帰して1933年ころに圓好となる。第二次世界大戦中に廃業し、後に東京都庁職員となって広報を担当、定年まで勤めた。一般人となったため、1999年4月まで生存が確認されていたが、現在の消息は不詳である。

7代目編集

7代目 三遊亭さんゆうてい 圓好えんこう
本名 甘粕 隆義(あまかす たかよし)
生年月日 1948年10月25日
没年月日 (2007-10-11) 2007年10月11日(58歳没)
出身地   日本神奈川県藤沢市
師匠 5代目三遊亭圓楽
6代目三遊亭圓生
名跡 1. 三遊亭甘楽(1968年 - 1969年)
2. 三遊亭生坊(1969年 - 1972年)
3. 三遊亭梅生(1972年 - 1982年)
4. 7代目三遊亭圓好(1982年 - 2007年)
出囃子 手習子
活動期間 1968年 - 2007年
所属 落語協会(1968年 - 1978年)
落語三遊協会(1978年 - 1980年)
落語協会(1980年 - 2007年)

7代目 三遊亭 圓好(さんゆうてい えんこう、本名:甘粕 隆義(あまかす たかよし)、1948年10月25日 - 2007年10月11日ころ)は、神奈川県藤沢市出身の落語家。(一時期をのぞいて)落語協会所属。神奈川県立商工高等学校卒業。出囃子は『手習子』。

略歴編集

  • 1968年1月 - 5代目三遊亭圓楽に入門。前座名は甘粕の「甘」と師匠圓楽の「楽」の一字ずつを取り、甘楽(かんらく)と名づけられる。
  • 1969年 - 大師匠6代目圓生門下に移り、生坊(しょうぼう)と改名する。
    圓生の末弟子三遊亭旭生(現三遊亭圓龍)が二つ目に昇進し、圓生の直弟子の中に前座がいなくなった。圓生の身の回りの世話をさせるため、甘楽を圓生門に移籍させたため。
  • 1972年11月 - 二つ目に昇進し、梅生(ばいしょう)に改名。
  • 1978年 - 落語協会分裂騒動が勃発。師匠圓生、前師匠圓楽と共に落語協会を脱退し、落語三遊協会所属になる。
  • 1979年9月3日 - 師匠圓生が死去。
  • 1980年2月1日 - 落語三遊協会が解散。旧師圓楽に帯同せず、他の圓生直弟子達と同じく落語協会に復帰した。
  • 1982年12月 - 真打に昇進し、7代目圓好を襲名。
  • 2007年 - 自宅で倒れているところを10月26日に発見された。同月11日ごろ死去したと見られる。死因は虚血性心不全享年58。