三遊亭 圓彌(さんゆうてい えんや)は、落語家の名跡。圓弥とも表記する。過去に5人確認されている。


三遊亭さんゆうてい えん
.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}三遊亭(さんゆうてい) .mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}圓(えん).mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}彌(や)
三遊亭圓彌定紋の三ツ組橘。
本名 はやし 光男みつお
別名 三遊亭圓弥
生年月日 1936年7月20日
没年月日 (2006-04-29) 2006年4月29日(69歳没)
出身地 日本の旗 日本東京府東京市四谷区
死没地 日本の旗 日本東京都
師匠 八代目春風亭柳枝
六代目三遊亭圓生
弟子 三遊亭圓王
名跡 1. 春風亭枝吉
(1958年 - 1959年)
2. 三遊亭舌生
(1959年 - 1961年)
3. 三遊亭円弥
(1961年 - 1972年)
4. 三遊亭圓彌
(1972年 - 2006年)
出囃子 四季の寿
正札附
活動期間 1958年 - 2006年
所属 落語協会
(1958年 - 1978年)
落語三遊協会
(1978年 - 1980年)
落語協会
(1980年 - 2006年)

三遊亭 圓彌(さんゆうてい えんや、1936年7月20日 - 2006年4月29日)は、東京府(現・東京都東京市四谷区(現:新宿区四谷)出身の落語家。本名∶林 光男。生前は落語協会所属。

来歴・人物編集

舞踊が趣味で日舞は藤間流の名取りでもあり、『七段目』は彼ならでは。東宝名人会浅草演芸ホール住吉踊り』では、座長の古今亭志ん朝とのコンビで互いの踊りを引き立てた。

師匠圓生のレコード『圓生百席』では出囃子、送り囃子の鳴り物(寄席では前座が行う)を担当した。また通常、出囃子で唄入の曲が使われることはないが、この全集では使われておりこの唄も担当した。当初は圓生と二人で歌っていたが、収録が進むにつれ、一人で歌うようになった。

9代目春風亭柳枝襲名を期待する声もあったが、8代目遺族の出した条件が飲めず、襲名は叶わなかったという[2]。その後の圓彌は圓生の正当な後継者を自負していた節があり、晩年には出囃子を『四季の寿』から(圓生と同じ)『正札附』に変えていた。

なお、柳枝の名跡は兄弟子七代目春風亭栄枝の移籍先林家彦六一門での兄弟子五代目春風亭柳朝の孫弟子である春風亭正太郎2021年に襲名した[3]

2006年4月29日、肝臓がんのため、都内の病院で死去。69歳没。最後の高座は、3月20日、新宿末廣亭昼の部主任で「子別れ[4]

芸歴編集

書籍編集

弟子編集

真打
廃業
  • 三遊亭小生(圓生門下から移籍)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 「舌」は噺家の命である。

出典編集

  1. ^ 吉川潮『戦後落語史』新潮社新潮新書〉、2009年、47頁。ISBN 978-4-10-610343-8
  2. ^ フジポッド つか金フライデー (2010年9月24日). “川柳師匠が明言「七代目圓生にふさわしいのは……」” (日本語). 2010年9月24日閲覧。
  3. ^ "62年ぶり復活 春風亭柳枝が真打ち昇進襲名披露初日 初代ゆかりの「子別れ」で決意表明". スポーツ報知. 報知新聞社. 21 March 2021. p. 1. 2021年4月2日閲覧
  4. ^ 『落語ファン倶楽部』白夜書房 、2007年2月7日、125頁。ISBN 9784861912368

参考文献編集

外部リンク編集