メインメニューを開く

三遊亭 若圓歌(さんゆうてい わかえんか、1946年昭和21年〉7月3日 - )は、落語協会所属の落語家東京都文京区出身。本名は公文 治(くもん おさむ)。

三遊亭 若圓歌さんゆうてい わかえんか
本名 公文 治
生年月日 (1946-07-03) 1946年7月3日(73歳)
出身地 東京都文京区
師匠 3代目三遊亭圓歌
名跡 三遊亭歌五(1969年 - 1974年)
三遊亭歌文(1974年 - 1987年)
三遊亭歌慎(1987年 - 1993年)
三遊亭若圓歌(1993年 - )
出囃子 大名行列
活動期間 1969年 -
所属 落語協会

出囃子は大名行列、定紋は片喰。

略歴編集

  • 1969年(昭和44年)1月 - 2代目三遊亭歌奴(のちの3代目三遊亭圓歌)に入門。前座となり、三遊亭歌五と名乗る。
  • 1974年(昭和49年)3月 - 歌文に改名する。
  • 1979年(昭和54年)3月[1] - 落語協会色物として漫談家として活動開始。
  • 1987年(昭和62年)8月 - 落語家に転向。二つ目となり、歌慎に改名する。
  • 1993年(平成5年)9月 - 真打昇進。若圓歌に改名する。

弟子編集

もとは3代目円歌門下で、若圓歌にとって弟弟子にあたる。円歌死去に伴い移籍。

受賞歴編集

  • 1991年(平成3年)1月 - 国立演芸場若手花形演芸銀賞

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 落語協会公式プロフィールによる。寄席演芸家名鑑では1977年と記述される。

参考文献編集

  • 落語協会ホームページ
  • 東京かわら版増刊号 東西寄席演芸家名鑑

外部リンク編集