メインメニューを開く

三重の生について』(さんじゅうのせいについて、De triplici vita)または『生命論』全三巻 (De vita libri tres) は、イタリアプラトン主義哲学者マルシリオ・フィチーノの著書で、1480年から1489年の間に執筆された。まず手稿本の形で配布され、ついで1489年に出版された。それから17世紀中頃まで絶えず印刷された。

目次

内容編集

哲学医学と“自然魔術”と占星術の不可思議な混合物で、もしかすると教養人の健康とその特有の問題について著された初めての書物かもしれない。不滅との源と魂の本質を説明する美しい道筋に沿って、占星術上の図表と治療法、互いに議論しているさまざまなギリシアの神々の茶目っ気のある演説、哲学的な余談、種々の病気に対する身の毛もよだつような中世の処方箋、プロティノスネオプラトニズムキリスト教聖書の言葉と一致させる試み、そして魔術的な治療法と護符が記されている。

著者について編集

フィチーノはイタリアルネサンスの主要な哲学者であるとともに、医者でありまた医者の息子だった。『三重の生について』は初期ルネサンスの医学思想の一つの例で、ガレノスヒポクラテス四体液説、それに付随するアリストテレスの四質(熱冷湿乾)の理論に満ちていて、またそれのみならず、その見解と異教の神々の典型的な意味の感覚とを結びつけ始めてもいる。この書は、西洋におけるプラトンの対話篇とヘルメス文書との数世紀の間での初の出会いから得られた(フィチーノはプラトンをラテン語に訳した初めての翻訳者である)。

後世への影響編集

その結果は、特に第三巻『天界によって導かれるべき生について』で、異教の古典的な神々の典型例をかなり文字通りに解釈し、彼らの名をつけられた惑星とともに擬人化した作品になった。フィチーノにとっては、惑星が教養人の精神の傾向及び活力と彼の肉体の健康とに影響をもたらした。だが、この書の主旨は彼らの影響を和らげる、つまり、人間の気質と運命さえも変えると保証される治療法と調和が存在するという信念である。この点において、フィチーノは彼の奥深い人文主義者としての視点を見せていて、そのことが彼をより早期の作家たちと区別している。

この書の主旨はフィチーノが知的に解決しようと試みた緊張関係によっている。その緊張は古典的な哲学及び宗教とキリスト教の信仰との間における初期ルネサンスの多くのシンクレティズムの典型的なものである。フィチーノは両者をプラトンの宇宙論で濾過することによって、これらの世界観を調和させることを試みた。

翻訳編集

英訳版はチャールズ・ボアによって1982年に出版されている。

序文と脚注のつきのラテン語と英語の対訳による校定本はキャロル・V・カスケとジョン・R・クラークによってアメリカ・ルネサンス協会の協力の下、1998年にと2002年にアリゾナ中世ルネサンス研究センターから出版された。