メインメニューを開く

三重県道29号松阪青山線

日本の三重県の道路

三重県道29号松阪青山線(みえけんどう29ごう まつさかあおやません)は、三重県松阪市から伊賀市に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
三重県道29号標識
三重県道29号 松阪青山線
主要地方道 松阪青山線
地図
Mie Prefectural route 29 Matsusaka-Aoyama Line.png
総延長 61.0684km[1]
実延長 58.1549 km[1]
制定年 1982年(昭和57年)[1]
起点 松阪市[1][2]地図
主な
経由都市
津市[3](旧嬉野町・旧白山町・旧美杉村[1]
終点 伊賀市[3](旧青山町[1])【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0165.svg 国道165号
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
都道府県道30号標識
三重県道30号嬉野美杉線
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
都道府県道43号標識
三重県道43号一志美杉線
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
都道府県道15号標識
三重県道15号久居美杉線
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
都道府県道39号標識
三重県道39号青山美杉線
Japanese National Route Sign 0166.svg 国道166号
Japanese National Route Sign 0422.svg 国道422号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

路線データ編集

2016年(平成28年)4月1日現在[1]

  • 起点:松阪市辻原町字瀬戸谷1033-3番地[1][4](辻原町交差点
  • 終点:伊賀市阿保(あお)字沢代木津川右岸堤防敷地先[1][4](阿保交差点)
  • 総延長:61.0684km[1]
  • 実延長:58.1549 km[1]
  • 重用延長:2.9135 km[1]
  • 橋梁:76本(総延長:1.1268 km)[1]

歴史編集

路線状況編集

付替区間編集

ダム建設に伴い、県道松阪青山線の付け替え工事が1998年(平成10年)3月から行われ、2008年(平成20年)11月17日に全線開通した。

  • 起点:三重県伊賀市種生字所根38番1
  • 終点:三重県伊賀市青山羽根字後瀬16番2

付替区間の全線開通までの経過

  • 1998年(平成10年)3月 - 付け替え工事に着手[7]
  • 2002年(平成14年)3月29日 - 名賀郡青山町羽根(当時、現・伊賀市青山羽根)字花代742番4・名賀郡青山町羽根字後瀬16番2間が開通[8]
  • 2004年(平成16年)
    • 4月14日 - 名賀郡青山町羽根字花代742番4・名賀郡青山町羽根字深谷1956番3間が開通[9]
    • 10月1日 - 名賀郡青山町阿保字桐ノ木2173番12・名賀郡青山町羽根字深谷1956番2間が開通[10]
  • 2008年(平成20年)
    • 7月1日 - 伊賀市老川字岡部705番5・伊賀市阿保字桐ノ木2281番11間が開通[11]
    • 11月17日 - 伊賀市種生字所根38番1・伊賀市老川字岡部705番5間が開通[12]し、全線開通[7]

重複区間編集

通過する路線バス編集

この道路は山あいの集落間を結んでいるため、一部がバス路線となっている。三重交通が撤退したため、沿線の松阪市や津市が同社に委託する形でコミュニティバスとして維持している路線と、三重交通が直営する路線がある。

運行中のバス2010年現在)

利用状況編集

交通量[13]
地点 平日12時間 平日24時間
2005年度2010年度 2005年度2010年度
松阪市阪内町 974台⇒ 938台 1,276台⇒1,229台
津市白山町南家城 1,278台⇒ 974台 1,674台⇒1,237台
伊賀市阿保 1,522台⇒ 914台 1,994台⇒1,161台
2,065台⇒4,506台 2,705台⇒5,723台

交通規制編集

  • 津市美杉町八手俣 - 津市美杉町梅ヶ広の4.0 kmの区間は、時間雨量40mm/h、連続雨量150mmで通行規制となる[14]

地理編集

通過する自治体編集

接続する道路編集

沿線にある施設など編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 三重県 2016, p. 39.
  2. ^ a b 三重県."昭和57年三重県告示第677号"昭和57年12月3日.
  3. ^ a b 三重県."平成19年三重県告示第268号"平成19年3月30日.
  4. ^ a b 三重県県土整備部高速道・道路企画室."三重県の道路/県管理道路一覧"(2010年12月5日閲覧。)
  5. ^ 三重県."昭和57年三重県告示第678号"昭和57年12月3日.
  6. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  7. ^ a b c d 独立行政法人水資源機構川上ダム建設所 "川上ダムのあゆみ"(2010年12月5日閲覧。)
  8. ^ 三重県."平成14年三重県告示第162号"平成14年3月22日.
  9. ^ 三重県."平成16年三重県告示第235号"平成16年3月26日.
  10. ^ 三重県."平成16年三重県告示第713号"平成16年9月24日.
  11. ^ 三重県."平成20年三重県告示第402号"平成20年6月27日.
  12. ^ 三重県."平成20年三重県告示第716号"平成20年11月14日.
  13. ^ 国土交通省"平成22年度道路交通センサス 一般交通量調査 箇所別基本表"(2012年7月7日閲覧。)
  14. ^ 三重県県土整備部"三重県の道路/雨量規制区間"(2010年12月5日閲覧。)

参考資料編集

関連項目編集

外部リンク編集