三重県道64号上海老茂福線

日本の三重県の道路

三重県道64号上海老茂福線(みえけんどう64ごう かみえびもちぶくせん)は、三重県四日市市内を通る主要地方道である。かつては富田山城有料道路(とみだやまじょうゆうりょうどうろ)という一般有料道路であったが、1996年平成8年)3月に無料化された。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
三重県道64号標識
三重県道64号上海老茂福線
富田山城有料道路
(旧名称、現在は無料化)
地図
Mie Prefectural route 64 Kamiebi-Mochibuku Line.png
路線延長 8.784km
陸上区間 8.784km
海上区間 指定なし
制定年 1994年平成6年)
開通年 1984年昭和59年)
起点 三重県四日市市上海老町
終点 三重県四日市市茂福町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号

Japanese National Route Sign 0365.svg国道365号
Higashi-Meihan Expwy Route Sign.svg東名阪自動車道

テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
沿線風景(四日市市中村町)

目次

概要編集

路線データ編集

  • 起点 : 三重県四日市市上海老町字大保ケ久保1841番2地先[1]
  • 終点 : 三重県四日市市茂福町2046番[1](八田3交差点
  • 総延長 : 8.784km
  • 車線数 : 4車線(一部2車線)

沿革編集

富田山城有料道路も参照

1980年昭和55年)、富田山城有料道路として東名阪自動車道 四日市東IC-国道1号間が開通、1984年(昭和59年)に全線開通した。1994年平成6年)には県道認定を受け、2年後の1996年(平成8年)に無料化された。

路線状況編集

重複区間編集

すべて四日市市内

利用状況編集

交通量[2]
地点 平日12時間 平日24時間
2005年度2010年度 2005年度2010年度
四日市市中村町 15,726台⇒14,978台 20,444台⇒19,921台
15,130台⇒16,909台 19,669台⇒22,151台

地理編集

通過する自治体編集

接続する道路編集

すべて四日市市内

沿線編集

富田山城有料道路#沿線風景も参照

※中・高と大学は別の場所にある

参考資料編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 三重県県土整備部"三重県の道路/県管理道路一覧"(2013年10月13日閲覧。)
  2. ^ 国土交通省"平成22年度道路交通センサス 一般交通量調査 箇所別基本表"(2013年10月13日閲覧。)

関連項目編集

外部リンク編集