メインメニューを開く

三錐歯目Triconodonta、トリコノドン目あるいは三丘歯目・正三錐歯目とも)は、中生代に栄えた哺乳類の絶滅分類群三畳紀後期から白亜紀にかけて生息。学名は、その臼歯の形状から、「三つの丘(錐)のある」より。主に(昆虫食を含む)肉食のグループで、当時としては比較的大型のものも存在した。

三錐歯目
Triconodonta
ゴビコノドン
地質時代
三畳紀 - 白亜紀
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 三錐歯目 Triconodonta
  • アンフィレステス科 Amphilestidae
  • ユートリコノドン科 Eutriconodontidae
  • ジェホロデンス科 Jeholodentidae
  • ゴビコノドン科 Gobiconodontidae
  • Klameliidae
  • レペノマムス科 Repenomamidae
  • トリコノドン科 Triconodontidae

概要編集

三錐歯類は、中生代における代表的な哺乳類のグループの一つである。大半は夜行性で食虫性の小型動物が主であったと思われるが、例外的に、当時の哺乳類としては比較的大型の捕食者も輩出している。ゴビコノドン類の中には1mを超えるものもあり、また、幼体とはいえ恐竜を捕食していた。満州で発見されたレペノマムスの化石の腹部には、消化途中のプシッタコサウルスの幼体がおさめられていた。夜行性の動物では1m近くという大きさに達するのは難しいとされており、彼らは昼間行動していたのではないかといわれる。[1]

こうして恐竜支配下においてある程度の成功を収めた三錐歯目であったが、白亜紀末までに絶滅してしまっている。しかし既に白亜紀前期にはエオマイアなどの真獣類が現れ、かれらのニッチを埋めていった。

形態編集

臼歯には大小三つの咬頭が直線状に並んでいる。このうち中央のものが大きく前後のものが小さくなっており、漢字の山の様な形である。上顎の臼歯は下顎の臼歯の外側に収まり、ハサミの刃の様に作用する。[2]これは初期の哺乳形類であるモルガヌコドン目などにも見られる形態である。オズボーンによれば、この咬頭のうち前後の小さなものが、上顎のものは外側、下顎のものは内(舌)側に移動し、三角形を成したものが相称歯類(対錐歯類)。この段階ではまだ咬頭は互いに噛み合ず、すれ違う事で食物を剪断している。[3]そこから真汎獣類段階において、下顎臼歯の後部(遠心)に張り出しが形成し始める。そして、真獣類において張り出し部に新たに三つの咬頭が形成されトリボスフェニック(tribosphenic) 型後臼歯に進化したとされる。これは、「コープ・オズボーンの三結節説」と呼ぶ[4]。ただし、この説には発生学古生物学から相同性などの点に反論がある[5][6]

肩帯は相称歯類や初期真獣類を思わせる進歩的な形態を見せるが、腰帯は未だ初期哺乳形類に近い形態を留めているものも存在する。その為、このグループの単系統性については未だに論議がされている。[7]

分類編集

初期の分類においては、歯の形状などから三錐歯目はエオゾストロドンなどを含み、哺乳類の最初期から存在する大グループとされてきた。しかし、研究が進むにつれこの目が多系統であると指摘され[8]、初期のグループが外されて(狭義)哺乳類の中に分類しなおされた。[7]

主な属編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『恐竜vsほ乳類 1億5千万年の戦い』 170 - 175頁
  2. ^ 『有袋類の道』 121頁
  3. ^ 『有袋類の道』 122頁
  4. ^ 『有袋類の道』 124頁
  5. ^ 『有袋類の道』 127 - 130頁
  6. ^ 『哺乳類の進化』 53頁
  7. ^ a b 『哺乳類の進化』 39頁
  8. ^ Rowe, 1988

関連項目編集

参考文献編集

  • 遠藤秀紀『哺乳類の進化』東京大学出版会、2002年、39, 53頁。ISBN 978-4-13-060182-5
  • 冨田幸光『絶滅哺乳類図鑑』伊藤丙雄、岡本泰子、丸善、2002年、28頁。ISBN 4-621-04943-7
  • 瀬戸口烈司 『有袋類の道 : アジア起源に浮かぶ点と線』 新樹社、2006年、121 - 130頁。ISBN 4-7875-8549-5 
  • 『恐竜vsほ乳類 1億5千万年の戦い』NHK「恐竜」プロジェクト(高間大介・植田和貴)、小林快次 監修、ダイヤモンド社、2006年、170 - 175頁。ISBN 4-478-86054-8

外部リンク編集