メインメニューを開く

三陸・海の博覧会(さんりく・うみのはくらんかい)とは、第2回ジャパンエキスポ(JAPAN EXPO IN IWATE '92)として、1992年平成4年)に岩手県釜石市宮古市山田町で開催された地方博覧会である。

概要編集

  • テーマ - 「光る海、輝く未来」
  • マスコット - リアスくん
  • 会場
主会場 - 岩手県釜石市平田地区
共催会場 - 岩手県宮古市藤原地区、岩手県山田町船越地区

入場料金編集

  • カッコ内は25名以上の団体料金
大人 中・高校生 小学生 幼児
釜石会場 2000円(1800円) 1500円(1300円) 800円(700円) 300円(200円)
宮古会場 600円(500円) 400円(350円) 300円(200円) 200円(150円)
山田会場 400円(300円) 400円(300円) 200円(150円) 200円(150円)

各会場の概要とパビリオン編集

釜石会場編集

  • 場所:釜石市平田地区
  • テーマ:「海と未来のワンダーランド」
  • 面積:約12ha

◆パビリオン◆

海のワンダーランド館(テーマ展示館)

  • 白いピラミッド型のパビリオン。
  • テーマ:「海の不思議-海と人の望ましい未来」
  • 出展者:三陸・海の博覧会実行委員会
  • (1)海・生命の起源ゾーン……エントランスゾーン。ストロマトライトのオブジェと、ビデオスクリーンによる地球上の様々な生物の誕生とドラマの映像。
  • (2)海の神秘と魅惑ゾーン……メインゾーン。「フランス・ディーニュアンモナイトの壁」の原寸大剥離標本の展示。3つの水槽ではメガネモチノウオ(ナポレオンフィッシュ)、オーム貝などの、熱帯海水魚の泳ぐ珊瑚礁の海を再現。
  • (3)海と未来ゾーン……水蒸気をスクリーンにした「スチームビジョン」の映像トンネル。海洋都市や海洋開発、海洋牧場の立体模型等の展示。

りあすシアター(テーマ映像館)

  • テーマ:「三陸の海と人々」
  • 出展者:三陸・海の博覧会実行委員会
  • 幅8m高さ3.2mのスクリーンに3D映像で、三陸の四季折々の海とそこで暮らす人々のドラマを上映。

しんにってつパビリオン・ポセイドンシアター

  • テーマ:「海を知る。未来にひろがる地球」
  • 出展者:新日本製鐵株式会社
  • エントランスは、ポセイドンの神殿をイメージ。
  • カナダのアイマックス社の開発した縦17m×横22mの巨大スクリーンに、「ザ・ディーペスト・ガーデンー深海からのメッセージ」を上映。

三陸・海のパビリオン

  • テーマ:「海・未来・ふれあい」
  • 出展者:運輸省東北運輸局、第二港湾建設局、第二管区海上保安本部、仙台管区気象台
  • 津波防波堤「ハイブリッドケーソン」をパビリオンとして実物展示。内部では「海・ふれあい」「クルージングキャビン」「海・未来」の3つのゾーンの展示。
  • ケーソンの頂上部からは人口滝が流れていた。
  • ケーソンの側には屋外展示として、「津波実験水槽」「イルカランド」や、クルーザーヨット、モーターボートなどを設置。

海洋牧場館

  • 半球形のドーム型パビリオン
  • テーマ:「海、宇宙、未来への夢」
  • 出展者:清水建設株式会社
  • 中央には直径6mの2つの円形の水槽を3mの水路でつなげた「ミニ海洋牧場」があり、音響給餌ロボットによる1万尾のマダイの稚魚の飼育を実演。
  • 「ミニ海洋牧場」の周りには、「海洋牧場コーナー」「海洋技術コーナー」「宇宙コーナー」の3つのゾーンがあり、「宇宙コーナー」ではアニメーション「スペースリゾート構想宇宙ホテル」をビデオ上映。

岩手ふるさと館

  • テーマ:「花咲く未来」
  • 出展者:岩手県内59市町村ほか
  • シンボルゾーンでは、59市町村の花3万本のリボンフラワーを制作し、7.8mの岩手県土の形の花のオブジェを展示。
  • 市町村展示ゾーンでは、12の地区に分けて、それぞれの12のコーナーで独自の企画で表現する展示。
  • 他に「姉妹都市コーナー」「アマチュア無線コーナー」「子供絵画コーナー」「岩手県北海道県人会交流コーナー」があった。

さんりく魚ふれあい館

  • テーマ:「ふれてみよう三陸の海の生きものたち」
  • 出展者:三陸・海の博覧会実行委員会
  • エントランスをぬけると「インフォメーションカウンター」「回遊型大型水槽」があり、三陸の漁業を紹介したパネルも展示されていた。
  • 「三陸の魚・水槽展示ゾーン」では7つの大水槽に、三陸の海の魚介類や甲殻類を分類展示。北海道オホーツク水族館より贈られた「オオカミウオ」の展示もあった。

東北の未来館

  • テーマ:「東北の輝く未来」
  • 出展者:東北6県、仙台市ほか
  • 「東北インテリジェントコスモス構想ゾーン」では、宇宙から見た東北の自然をVTRなどで紹介。チョウザメの養殖技術研究のコーナーの展示もあった。
  • 「みちのく観光ゾーン」では東北各県の観光地や祭りを写真やVTRで紹介。「東北再発見ゾーン」では東北6県と仙台市の自然・文化・産業を各ブースで展示。

釜石市パビリオン・きらら童夢

  • ひょっこりひょうたん島」をモチーフとした、大ドーム(直径30m)と小ドーム(直径14m)を組み合わせたパビリオン。
  • テーマ:「海へ!LOVE KAMAISI……釜石の美しい自然と未来」
  • 出展者:釜石市
  • 大ドームでは、「釜石の自然」についての展示。「三貫島」の実物モデルや、御箱崎半島の千畳敷を白色石灰石で50分の1で再現したコーナー、「光の森」「不思議の木」の展示などがあった。
  • 小ドームでは、「釜石の未来」の映像を上映。

いわて未来館X

  • テーマ:「未来発想による北上山系開発構想・プロジェクトX」
  • 出展者:三陸博コンストラクションパビリオン出展実行委員会
  • 「プレゼンテーションX]では、北上山系開発構想「プロジェクトX」について、スライドとナレーションで上演。
  • 「ガイダンスX」では、「プロジェクトX」の柱となる4つの事業についてのパネル展示。
  • 「ビューX」では、特殊音響と大型映像による「プロジェクトX」の上映。

東北電力グループ館・サエーナの剣

  • 外観は宝箱と剣の形をしたパビリオン。
  • テーマ:「Ocean Energy for Human Energies」
  • 出展者:東北電力グループ
  • 映像とキャストの実演による体験劇場「サエーナの剣」を上演。キャストが会場の中から「小さな勇者」を捜し出し、さらに会場にいる観客が心を一つにして魔王と戦う、というストーリー。

NTTコミュニケーションドリーム館

  • テーマ:「愛と夢がいっぱい、未来のコミュニケーション」
  • 出展者:日本電信電話株式会社
  • 「NTTスペクトラツアーズ」では3軸駆動の「スペクトラ号」に乗り、宇宙空間でのアドベンチャーを体験。
  • 「コミュニケーションプラザ」では3D-TV]や「スカイビュー」などのNTTの最新テクノロジーを紹介。「コミュニケーションスタジオ」では、「富山博覧会」のステージを通信衛星を使ったTV会議システムでむすび、クイズ合戦を開催した。

農林アメージングランド・自然のめぐみ館

  • 出展者:JAグループ岩手県経済連、岩手県林業協会
  • 岩手県の間伐材で作った巨大迷路では、農業と林業についての問題をパネル展示。答案用紙に答えを書きこんで出口をめざす。
  • 農業のコーナーのテーマは「豊かな大地からの贈り物」 野菜やコメや果物の踊る人形を展示。
  • 林業のコーナーのテーマは「豊かな森林からの贈り物」 森での楽しいリクリエーションの様々から木工品までを展示紹介。

コカ・コーラ館

  • カマボコ型のパビリオン。出入り口の側にはキャラクター「少年トム」と「愛犬ジム」の人形が立っている。
  • テーマ:「エキサイティング・ライトショー『トムとジムのシーアドベンチャー』」
  • 出展者:みちのくコカ・コーラボトリング株式会社
  • 最新のライティングシステムによる光と音のショー。マルチスライドと着ぐるみキャラクターの実演の組み合わせで、少年トムと愛犬ジムの宇宙や未来へのアドベンチャー劇を上演。

岩鋳鉄器館

  • テーマ:「伝統そして新たな創出」
  • 出展者:株式会社岩鋳鋳造所
  • 入り口エントランスホールで、世界最大の南部鉄瓶(直径1.1m 高さ1.5m)を展示。
  • 「南部鉄器の歴史紹介ゾーン」「岩鋳企業紹介ゾーン」「南部鉄器製造工程ゾーン」「茶室ゾーン」「鉄鐘ゾーン」等を展示。

三井グループ・東芝館

  • テーマ:チャレンジ!『ジャパンカップF1』」
  • 出展者:三井グループ東芝出展者会
  • 大型プロジェクターに映し出されるF1マシンを、観客が手元のブック型PCを使って操作する参加型アドベンチャー。

NEC C&Cパビリオン

  • テーマ:「おもしろ不思議大作戦ーC&Cサイバーツアーズ」
  • 出展者:日本電気株式会社
  • 「サイバードラゴン」の中のコクピット空間では、双方向型シミュレーションゲーム「C&Cサイバーツアーズ」を展開。

カシマ・マリン・ワンダーランド

  • テーマ:「見て、さわって、参加する海のワンダーランド」
  • 出展者:鹿島
  • 「マリンサイエンスゾーン」では、海の生物に関するクイズイベントを展開。他に「トビハゼプール」「アッププール」「リラックスゾーン」など。

富士通電脳最前線ハイパーステーション

  • テーマ:「ハイパーステーション発、21世紀行き」
  • 出展者:富士通株式会社
  • 富士通のPCによるゲームや占いなどの体感展示。

千石船「気仙丸」

  • テーマ:「江戸海運のロマン満載-今、甦る伝統の一枚帆船」
  • 出展者:気仙地区千石船建造推進協議会
  • 江戸時代の千石船「気仙丸」を、船大工有志による「気仙船匠会」が復元。野外展示。

3D立体映像シアター・エネルギーワンダーランド

  • テーマ:「人と海とエネルギー」
  • 出展者:通商産業省 資源エネルギー庁
  • 展示コーナーでは、波力発電や潮汐発電、海洋温度差発電などの海洋エネルギーを紹介。3D映像シアターでは、「エネルギーワンダーランド」を上映。

未来・インフラ館

  • テーマ:「伸びゆく東北、輝け岩手、ダイナミックライド、その興奮と感動」
  • 出展者:建設省東北地方建設局
  • 2台の体感シミュレーションマシン「コンストラクティブ号」のアドベンチャーツアー。巨大パノラマ壁画の展示も。

日立グループ館・ネオビマルチアニメシアター

  • テーマ:「Interface……人と技術の理想をめざす」
  • 出展者:日立グループ
  • 42インチの日立高画質ネオビジョンと立体映像4Dビジョンを組み合わせた映像「音楽はともだち」を上映。

パナソニック館

  • テーマ:「映像新発見ーおもしろ映像ランド」
  • 出展者:松下電器産業株式会社
  • 「ハイビジョンシアター」では「バルセロナの風」を上映。他に「3D立体映像/ザ・ファーコズ」「テレビの壁」「BSコーナー」など。

夢・21世紀館(企業集合館)

  • テーマ:「小さな夢、大きな夢、21世紀をみつめる」
出展者
  • SMC株式会社:「SMC童話の広場」……人形ロボットによる童話劇を上演。
  • 東北郵政局:「三陸・乙姫郵便局」……「ふれあいマルチスペース」「郵政事業PRコーナー」他に記念切手の発売も。
  • 大成建設株式会社:「CGミュージアム」……CG映像による古代都市探検など。
  • 日本たばこ産業株式会社:「JTジョイフルランド」……「コロンブス君の不思議の森」を体験。
  • 株式会社間組:「ハザマのわくわく海底冒険ランド」……マルチスクリーンとジオラマによる海底都市の冒険。
  • 三菱グループ関係各社:「MITSUBISHI MARINE MUSEUM '92」……潜水調査船「しんかい6500」実物大模型の展示など。

岩手の産業館

  • テーマ:「未来の岩手創造・コミュニケーションネットワーク」
  • 出展者:岩手で活躍する製造からサービス業までの代表企業25社

バザール館

  • テーマ:「くらしに夢と楽しさを」
  • 8企業・団体による物産出店

◆プレイランド◆

  • 遊具:ウェーブスインガー、メリーゴーランド、スカイサイクル、パラトルーパー、パールスルー、ロックンロール、アドベンチャーリバー、ゴーカート、シミュレーションマシンSR-2など。

◆イベントステージ◆

《7月》

《8月》

  • アコースティックコンサート(天野滋、安部光俊、山口岩男、西塚三四郎)(8/1)
  • 中国雑技団(8/4〜6)
  • ヤングアイドル特集(中嶋美智代鈴木ユカリ吉沢瞳遠野舞子)(8/8)
  • ウィーン・モーツァルト少年合唱団(8/10)
  • ベンチャーズコンサート(8/13)
  • LLブラザーズコンサート(8/15)
  • KANコンサート(8/16)
  • 松本典子コンサート(8/23)
  • 津軽三味線と民謡日本一の競演(大塚文雄、小野花子、小杉真貴子)(8/31)

《9月》

宮古会場編集

  • 場所:宮古市藤原地区
  • テーマ:「マリンリゾートランド」

◆パビリオン◆

マリンリゾート館

  • ピラミッド型のパビリオン。
  • テーマ:「リゾートシミュレーションー新たなリゾートとの出会い」
  • 出展者:三陸・海の博覧会実行委員会
  • 「三陸マルチシアター」では、12台の37インチモニターで「光る海・三陸」を上映。
  • 「タヒチウェザーランド」では、タヒチの砂浜や自然、家屋を設置し、コンピューター制御でタヒチの一日の様子やスコールなどの気象等を演出。

宮古・海は友だち館

  • ドーム型とピラミッド型を合わせたパビリオン。「地球と帆船の帆」をイメージ。
  • テーマ:「海と海の生物との出会い、驚き、感動、そして考える」
  • 出展者:宮古市
  • ドーム型の「テーマゾーン」では、「三陸の魚・世界の魚コーナー」で44個の水槽に三陸海岸や世界の海や川にすむ110種類もの魚を展示。「古代の魚コーナー」では古代魚ピラルクピラニアを展示。
  • 「テーマゾーン」の中央部には3Dシアターを設置。南国慶良間諸島のサンゴ礁の海や、西表島マンタなどの映像を上映。
  • ピラミッド型の「PRゾーン」では、宮古市の観光コーナーや、宮古市と交流のある青森県黒石市沖縄県多良間村の観光と物産、宮古市内の企業コーナー、さらにアンモナイトなどの化石展示コーナーなどがあった。

三陸ショッピングプラザ

  • テーマ:「岩手の心が伝わる物産」
  • 出展者:13企業・団体

◆マリンビーチ・シーサイドステージ◆

  • 椎名誠の「映画とトークショー」(7/4)
  • 川合俊一によるエキシビションマッチ(7/19)
  • 本田竹曠ジャズコンサート(8/8)
  • ディンギー東北ジュニアヨット選手権(8/7~9)
  • チームオブフロリダ ウォータースキーショー(8/8~11)
  • 日本ホバークラフト選手権シリーズ’92(8/29・30)

山田会場編集

  • 場所:山田町船越地区
  • テーマ:「遊コミュニケーションランド」

鯨と海の科学館

マリンパーク山田

船越家族旅行村

参考資料編集

  • 三陸・海の博覧会公式ガイドブック(三陸・海の博覧会実行委員会)
  • 三陸・海の博覧会パンフレット各種

関連項目編集

前大会:

ジャパンエキスポ富山(第1回富山県

ジャパンエキスポ

三陸・海の博覧会(第2回岩手県

次大会:

信州博覧会(第3回長野県