メインメニューを開く

上の原グラウンド(うえのはらグラウンド)は、東京都町田市野津田公園内にある多目的球技場。指定管理者制度に基づき、スポーツパークパートナーズまちだが管理運営を行っている。
2019年令和元年)6月以降、FC町田ゼルビア(Jリーグ)が練習場として使用している。

上の原グラウンド
Uenohara g.jpg
施設情報
所在地 東京都町田市野津田町2035
位置 北緯35度35分27.42秒
東経139度26分43.03秒
開場 2005年(平成17年)4月[1]
修繕 2019年(平成31年)4月
所有者 町田市
運用者 スポーツパークパートナーズまちだ
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 110 m×70 m
使用チーム、大会
FC町田ゼルビア
収容能力
200人
アクセス

概要編集

2005年平成17年)4月オープン[1]。上の原グラウンドはサッカー用として設計されているが、少年野球に限り、野球場としても使用されている。この他、ソフトボール、ラクロス、ターゲットバードゴルフ場としても利用可能である。野津田公園内には、FC町田ゼルビア(Jリーグ)のホームスタジアムである町田市立陸上競技場などがある。

2019年平成31年)、これまで小野路公園内に所在する人工芝の小野路グラウンドを練習場としてきたFC町田ゼルビアであったが、J1ライセンス取得に向けて、練習場環境整備の協議を進める中、地域のスポーツ環境整備に貢献できるならばと親会社サイバーエージェントと相談の上、クラブ側が費用を全面負担し、全面改修を行った。予算規模は約2億円。これにより天然芝と人工芝が融合したハイブリッド芝のピッチに生まれ変わった。2019年令和元年)6月よりFC町田ゼルビアは小野路グラウンドと併用する形で上の原グラウンドでの練習を行っている。

施設編集

フィールドは天然芝と人工芝が融合したハイブリッド芝。スタンドはメインスタンドのみで、サッカーは見やすいが、野球観戦時の快適性は考えられていない。また、クラブハウスが付属している。

  • 少年野球1面、サッカー1面
  • 収容人数 200人(全席座席)

交通アクセス編集

脚注編集

外部リンク編集