メインメニューを開く

上下町(じょうげちょう)は広島県甲奴郡にあった町。

じょうげちょう
上下町
Flag of Joge Hiroshima.gif Joge Hiroshima chapter.jpg
町旗 町章
廃止日 2004年4月1日
廃止理由 編入合併
上下町府中市
現在の自治体 府中市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
甲奴郡
団体コード 34561-0
面積 85.53km2
総人口 5,966
(2004年3月31日)
隣接自治体

府中市、甲奴郡甲奴町、甲奴郡総領町

神石郡三和町、神石郡神石町、世羅郡甲山町
町の木 マツ
町の花 アヤメ
上下町役場
所在地 729-3492
広島県府中市上下町上下466-1
外部リンク 府中市HP
特記事項 町役場のデータは府中市役所上下支所のものである。
 表示 ウィキプロジェクト
町役場として使われていた建物(2007年撮影)

2004年(平成16年)4月1日に南隣の府中市へ編入され、府中市上下町となった。

江戸時代は旧石見銀山から瀬戸内海への銀山街道宿場町の一つであり、天領とされ、両替商など金融業で栄えた[1]

目次

町名の由来編集

由来1)中心部付近が芦田川水系と江の川水系の分水嶺になっていることから。
由来2)分水嶺であり峠でもあったことから、峠の字から山を除いて上下となった。
由来3)最初の上下村になるとき、上野村と下野村に挟まれていたことから。

沿革編集

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 市町村制施行。上下町域には当時甲奴郡に属する有福村・井永村・岡屋村・小塚村・小堀村・佐倉村・階見村・上下村・斗升村・二森村・水永村・矢野村と世羅郡三川村が存在した。同年、矢野村、深江村、国留村、矢多田村の四村が合併して矢野村が成立。
  • 1895年(明治28年)10月1日 - 井永村岡屋村佐倉村斗升村水永村が対等合併して清嶽村(清岳村)が成立。
  • 1895年(明治28年)10月1日 - 有福村小塚村小堀村二森村が対等合併して吉野村が成立。
  • 1897年(明治30年)5月7日 - 上下村が町制施行して上下町(初代)が成立。
  • 1954年(昭和29年)3月31日 - 上下町(初代)と清岳村矢野村吉野村の全域、階見村の一部が対等合併して上下町(2代)が成立。

※甲奴郡階見村の残部は神石郡高蓋村(現:神石高原町)に編入。

  • 1955年(昭和30年) - 字斗升が芦品郡阿字村と同郡大正村(ともに府中市)に分離。

主要施設編集

 
上下町の町並み
  • 翁座 − 大正時代建立の劇場
  • 末広酒蔵資料館 − 上下人形(土人形)
  • 真野資料館 − 火縄銃など歴史資料

地理編集

広島県の中東部に位置し、東は神石郡三和町(現在は神石高原町三和)、北は総領町(現在は庄原市総領町)、西は甲奴町(現在は三次市甲奴町)、南は府中市および世羅郡甲山町(現在は世羅郡世羅町)に接していた。領域は標高500~700mの神石高原延長線上にあり、町南部が山陰方面に流れる江の川水系と山陽方面に流れる芦田川水系の分水嶺にあたる。

町の中西部上下側沿いに発達した上下の地は、近世に石州路の宿場として栄え、天領代官所が置かれて付近の中心をなした。

河川編集

  • 上下川 - 江の川水系
  • 矢多田川 - 芦田川水系

山岳編集

  • 龍王山(768m)
  • 岳山(741m)
  • 翁山(538m)

名所・旧跡編集

大字編集

※2004年3月31日当時のデータ

  • 有福(ありふく)
  • 井永(いなが)
  • 岡屋(おがや)
  • 小塚(おづか)
  • 国留(くにどめ)
  • 小堀(こおり)
  • 佐倉(さくら)
  • 階見(しなみ)
  • 上下(じょうげ)
  • 深江(ふかえ)
  • 二森(ふたもり)
  • 松崎(まっさき)
  • 水永(みずなが)
  • 矢多田(やただ)
  • 矢野(やの)

交通編集

教育(2004年3月31日当時のデータ)編集

小学校編集

  • 上下町立上下北小学校
  • 上下町立上下南小学校

中学校編集

  • 府中市立上下中学校

高等学校編集

医療機関編集

  • 上下市民病院 - 府中市と合併後に地方独立行政法人府中市病院機構府中北市民病院に移行。

出身有名人編集

備考編集

関連項目編集