上京会寧府(じょうけい-かいねいふ)は、金朝が設置した府。中国黒竜江省ハルビン市の南東、阿城区白城に所在する[1]

上京会寧府
Huiningfu.jpg
上京会寧府
各種表記
繁体字 會寧府
簡体字 会宁府
注音符号  
ラテン字 Shàng jīng huì níng fǔ
テンプレートを表示

概要編集

1069年咸雍5年)ににより会寧県(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区白城)に会寧州が設置された。1115年収国元年)、女真(ジュシェン)居住域の中心に置かれ、金朝の都城と定められた。当時の管轄区域は松花江牡丹江長白山を結ぶ地域とされた。1124年天会2年)に会寧府と改められ、金3代皇帝熙宗の時代、1138年天眷元年)に上京会寧府とされた[1]

都城は、長方形の南北2つの土城より構成され、北城は南北に長く南北約1.9キロメートル、東西約1.5キロメートル、それに南接して築かれた南城は東西に長く南北約1.5キロメートル、東西約2.0キロメートルの範囲に城壁が築かれ、全体では南北に長く東西に短いL字状の形状をなしている[1][注釈 1]

1153年貞元元年)に燕京に遷都すると間もなく会寧府とされたが、1173年大定13年)に再び上京会寧府とされた。金末にモンゴル帝国が進入すると上京会寧府は廃止された。

下部行政区画編集

位置編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 遺跡は、満洲国時代、日本人学者によって比較的よく踏査され、考古学的知見を伝えている[1]

出典編集

関連項目 編集

外部リンク編集