臨潢府(りんこうふ)は、中国にかつて存在した遼代から金代にかけて、現在の内モンゴル自治区赤峰市一帯に設置された。

概要編集

かつての遼東郡西安平県の地であった。契丹耶律阿保機が天梯・蒙国・別魯らの三山の勢力を葦甸で取ったとき、金鏃箭を射てこの地を知り、ここを龍眉宮と呼ぶようになった。918年神冊3年)、ここに築城され、皇都と名づけられた。938年天顕13年)、皇都は上京と改称され、臨潢府が置かれた。上京臨潢府上京道に属し、臨潢長泰・定覇・保和・潞・易俗・遷遼・渤海・興仁・宣化の10県を管轄した[1]

のとき、臨潢府は北京路に属し、臨潢・長泰・盧川寧塞長寧の5県と37堡を管轄した[2]

モンゴル帝国により臨潢府は廃止された。のとき、その地は広寧路に属し、魯王の分地とされた。初には広寧衛が置かれた。後にウリャンカイの北境に属した。後に内ハルハ5部のひとつバイリン部の拠るところとなり、チャハル部に役属した[3]

脚注編集

  1. ^ 遼史』地理志一
  2. ^ 金史』地理志上
  3. ^ 清史稿』地理志二十四