メインメニューを開く
西武451系電車 > 上信電鉄100形電車

上信電鉄100形電車(じょうしんでんてつ100がたでんしゃ)は、上信電鉄1980年昭和55年)に導入した通勤形電車である。

上信電鉄100形電車
往時の上信電鉄100形103編成。
往時の上信電鉄100形103編成。
基本情報
製造所 西武所沢車両工場
導入年 1980年-1981年・1985年
運用終了 1996年
主要諸元
編成 2両
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1,500V(架空電車線方式
最高運転速度 90 km/h
編成定員 116(席)+204(立)=320名
編成重量 70.0 t
最大寸法
(長・幅・高)
20,000 ×2,930 ×4,169 mm(クモハ100)
車体 普通鋼
台車 電動車:TR25・TR14(105編成のみ)
付随車:TR11
主電動機 直流直巻電動機
MT30[1]
MT15E[2](クモハ105のみ)
主電動機出力 128kW(MT30)
100kW(MT15)
駆動方式 吊り掛け駆動方式
歯車比 2.87
制御装置 抵抗制御・直並列組合せ・弱め界磁
CS5
制動装置 自動空気ブレーキ
保安装置 ATS
テンプレートを表示

概説編集

西武鉄道から451系601系(クハ1601形→クハ1651形)を譲受したもので、上信線近代化事業の一環として走行性能が劣る在来車両の置き換えのために[3]制御電動車クモハ100形と制御付随車クハ100形からなる2両編成が1980年昭和55年)から1981年(昭和56年)にかけて3本、更に後述の事故廃車の補充用に1985年(昭和60年)に1本(101編成 - 105編成 ※104は欠番)が入線した。 なお、本形式はあくまで新造車導入までのつなぎとして導入され、近代化事業が功を奏しもくろみ通りに増収が見込めるようになれば早急に置き換えられる予定であった[4]

譲渡に際しての改造編集

西武451系にはオリジナルの制御車であるクハ1471形が存在したが、上信電鉄が当初購入した3編成6両はいずれも制御電動車であった[5]。そこで上信電鉄においては1M1TのMTユニットで運用すべく西武所沢車両工場および自社工場において以下の改造が行われた。

  • 西武時代に奇数番号であった車両を制御電動車のクモハ100形、偶数番号であった車両の電装を解除してクハ100形とした。
  • クモハは近代化工事完了後のスピードアップに対応するための出力増強を図るため、台車と主電動機を同時期に廃車になった西武501系の発生品であるTR25形空気バネ台車と出力128kWのMT30[1]にそれぞれ換装した。
  • クハは台車を西武の廃車発生品のTR11に変更した上で、電動発電機(MG)と空気圧縮機(CP)を移設して編成のMTユニット化を行った。
  • 客室内に車掌スイッチを新設した[6]

ただし後述の事故の代替車として入線した105編成は当初よりクモハ+クハのMT編成で、クモハの台車は釣り合い梁式TR14A・主電動機はMT15系[2]のオリジナルのままである[7]。 塗装は200形1次車の登場時と同じくクリーム地に窓周りや雨どい、車体裾にマルーンの帯を配し、そこに1000形に倣い運転台付近で斜めに下すアレンジを加えた物を採用した。

運用開始後編集

 
現役時代の100型電車(1984年3月20日 下仁田駅)

102編成(クモハ102-クハ102)は1984年12月21日に発生した正面衝突事故の被害を受け、翌1985年廃車。この時点で451系は西武鉄道で全車廃車されていたが、最後まで在籍[8]したモハ461-クハ1662がまだ解体されていなかったため、急きょ下回りなどはそのまま同年3月にクモハ105-クハ105として入線した。なお、105編成は種車の出自から、クモハの前面はクモハ451形に由来する3枚窓、クハの前面は西武時代にクモハ451形と編成を組んだ元西武601系電車のクハ1651形に由来する湘南形2枚窓の相違があった。

上記の事故以降塗装が変更され、デザインはそのままに赤とクリーム基調となり、103編成の晩年は200形と同じく旧標準塗装から紺色の帯を省いたコーラルレッド一色となり、これは廃車後も長らくそのままであった。

その後、老朽化のため150形の導入に伴って順次廃車され、最後まで運用されていたクモハ103-クハ103が1996年平成8年)の廃車後は高崎駅構内で倉庫として使用されていた。車体は長らく野ざらし状態であったため荒廃が著しかったが、2012年11月に廃車後初めて塗りなおしが行われた[9]。塗装はコーラルレッドの地に紺色の帯が追加され、デハ205と同じ旧標準塗装となった[10]が、2017年5月から6月にかけて解体された[11]。なお、このカラーリングで営業運転に就いた事はない。

往時はJR高崎線上信線にはさまれた番線に留置されていたため、高崎駅に倉賀野駅および南高崎駅方面から発着する双方の列車から見ることが可能であった。 西武鉄道から各私鉄に譲渡された元451系のほとんどは解体されており、現存車両は倉庫代用とされていたこの2両のみであった。

車歴編集

  • 101編成 クモハ101-クハ101(西武クモハ455-クモハ468)1993年2月廃車
  • 102編成 クモハ102-クハ102(西武クモハ467-クモハ464)1985年3月廃車
  • 103編成 クモハ103-クハ103(西武クモハ463-クモハ466)1996年12月廃車
  • 105編成 クモハ105-クハ105(西武クモハ461-クハ1662)1994年9月廃車 (※クハ105のみ1996年12月廃車)

脚注編集

  1. ^ a b 端子電圧675V時定格出力128kW, 定格回転数780rpm.
  2. ^ a b 端子電圧675V時定格出力100kW, 定格回転数653rpm.
  3. ^ 「鉄道ファン No.244」 (1981) 94項
  4. ^ 「鉄道ファン No.244」 (1981) 82項
  5. ^ 西武時代のこの6両はクハと2両編成を組んでいたが、編成相手は相手が半鋼製車のクハ1411形だった。
  6. ^ 「鉄道ファン No.244」 (1981) 94項
  7. ^ 寺田裕一 『ローカル私鉄車輌20年 東日本編』 JTB〈JTBキャンブックス〉、2001年 p.119。
  8. ^ 1984年8月に除籍。
  9. ^ 上信電鉄100形電車が塗りなおされる鉄道ファン公式サイト 2012年11月8日
  10. ^ 上信100形に飾り帯鉄道ファン公式サイト 2012年11月14日
  11. ^ 上信電鉄100形103編成の解体始まる - 鉄道ファン・railf.jp 鉄道ニュース、2017年5月31日

参考文献編集

  • 寺田裕一『ローカル私鉄車輌20年 東日本編』JTB、2001年
  • 交友社『鉄道ファン』1981年8月号 No.244 新車ガイド: 上信電鉄
  • 交友社『鉄道ファン』2014年4月号 No.636 日本のローカル私鉄 30年前の残照を訪ねて:上信電鉄

関連項目編集

他社の西武451系譲渡車