上前 淳一郎(うえまえ じゅんいちろう、1934年3月31日 - )は、日本のノンフィクション作家、エッセイスト

来歴・人物編集

岐阜県生まれ。1959年東京外国語大学英語科卒、朝日新聞社に入社。通信部、社会部記者を経て、1966年、退社、評論家となる。1977年、初の著書『太平洋の生還者』で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。『週刊文春』に1984年から2002年まで「読むクスリ」を長期連載。古荘多聞の名で小説を一作だけ書いている。2002年以降、著述は途絶えている。

著書編集

  • 『太平洋の生還者』文藝春秋, 1976 のち文庫
  • 『支店長はなぜ死んだか』文藝春秋, 1977 のち文庫
  • 『世界の一流品紀行』講談社, 1977 のち角川文庫
  • 『英雄たちへの挽歌 巨人・陰のベストナイン』文藝春秋, 1977 のち角川文庫 「巨人軍陰のベストナイン」と改題
  • 『狂気 ピアノ殺人事件』文藝春秋, 1978 のち文庫
  • 『現代史の死角』新潮社, 1978
  • 『イカロスの翼 美空ひばり物語』文藝春秋, 1978 のち文庫
  • サンリオの奇跡 世界制覇を夢見る男達』PHP研究所, 1979 のち角川文庫
  • 『世界の性革命紀行』講談社, 1980 のち角川文庫
  • 洞爺丸はなぜ沈んだか』文藝春秋, 1980 のち文庫
  • 『太平洋のフェアウェイ 日米ゴルフ三国志』講談社, 1981 「はるかなるフェアウェイ」と改題、角川文庫
  • 『やわらかなボール』文藝春秋, 1982 のち文庫 (テニス選手清水善造の評伝)
  • 倉本湯原を育てた日大ゴルフの秘密 鉄拳監督は、いかに鍛えたか』光文社,(カッパ・ホームス) 1982
  • 『舶来屋一代 はんどばっぐにほれたおとこ』文藝春秋, 1983 (茂登山長市郎の伝記)
  • 読むクスリ』1-37 文藝春秋, 1984-2002 のち文庫 ISBN 978-4-16-724833-8
  • 『アキラ! 加藤明・南米バレーボールに捧げた一生』角川文庫, 1984
  • 『ジャパニーズ・ドリーム 未知の森へ 第五世代コンピュータ』講談社, 1985 「めざすは新世代コンピュータ」と改題、角川文庫
  • 『山より大きな猪 高度成長に挑んだ男たち』講談社, 1986
  • 『人・ひんと・ヒット』1-2 文藝春秋, 1987
  • 『複合大噴火 1783年夏』文藝春秋, 1989 のち文庫
  • 古荘多聞『瓦版屋左吉綴込帳』文藝春秋, 1998

関連人物編集

関連項目編集

脚注編集