メインメニューを開く

16代上山 勘太郎(うえやま かんたろう、1899年明治32年)11月3日 - 1984年昭和59年)1月8日)は、日本の実業家大日本除虫菊会長を務めた。前名・英夫[1][2][3]。大日本除虫菊の創業者上山英一郎の三男。同社会長を務めた上山英介の実父、同じく会長を務めた上山直武の養父。

経歴編集

和歌山県有田郡保田村出身。上山英一郎の三男、十五代勘太郎英三の弟である[1][2][3]1924年京都帝国大学経済科卒業[2][3]日本勧業銀行に入り、検査役・鑑定役・大阪支店副支配人などを歴任し、1938年、退職して大日本除虫菊会社副社長に就任[1][2]1943年、勘太郎を襲名し第3代社長に就任[4]1981年、会長に就任[5]

人物編集

1932年分家した[1][2]。趣味はゴルフ、読書[1]茶道[6]。大阪府豊中市桜塚[1]・同市岡町錦通三丁目[2]、東京牛込区(現新宿区市谷鷹匠町[3]兵庫県西宮市霞町などに居住した[6]。宗教は浄土宗[6]

1965年藍綬褒章を受章[5]1969年、勲四等瑞宝章授章[5]。著書には、『日本に於ける除虫菊』がある[6]

家族・親族編集

上山家
和歌山県有田市、大阪府豊中市、兵庫県西宮市霞町[6]
親戚

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『人事興信録 第12版 上』ウ38頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年7月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 『人事興信録 第13版 上』う33頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年1月10日閲覧。
  3. ^ a b c d 『人事興信録 第11版 上』ウ48頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年7月18日閲覧。
  4. ^ 金鳥のあゆみ 昭和時代(戦前)、大日本除虫菊株式会社公式サイト。
  5. ^ a b c 金鳥のあゆみ 昭和時代、大日本除虫菊株式会社公式サイト。
  6. ^ a b c d e f g h i 『大衆人事録 第二十三版 西日本編』う167頁。

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第11版 上』人事興信所、1937-1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 上』人事興信所、1940年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 上』人事興信所、1941年。
  • 広瀬弘『大衆人事録 第二十三版 西日本編』帝国秘密探偵社、1963年8月10日。
  • 佐藤朝泰『豪閥 地方豪族のネットワーク』立風書房、2001年。