メインメニューを開く

上山 道郎(うえやま みちろう、1970年5月14日[1] - )は、日本漫画家埼玉県出身。男性。同じく漫画家の上山徹郎実弟である[1]。代表作に「機獣新世紀ZOIDS」「ツマヌダ格闘街」など。

上山 道郎
生誕 (1970-05-14) 1970年5月14日(49歳)
日本の旗 日本埼玉県
職業 漫画家
活動期間 1990年 -
ジャンル 児童漫画少年漫画青年漫画
代表作機獣新世紀ZOIDS』、
ツマヌダ格闘街』など
受賞 第27回小学館新人コミック大賞
児童部門(第20回藤子不二雄賞)佳作
第28回小学館新人コミック大賞
入賞
公式サイト 別冊兄弟拳
テンプレートを表示

目次

来歴編集

デビュー前は主に樫本学ヴのアシスタントをしていた[2]1990年に「怪奇警察PSY-POLICE」で第27回小学館新人コミック大賞児童部門(第20回藤子不二雄賞)の佳作を受賞し、同作が同年12月発売の『月刊コロコロコミック スーパー新年増刊』(小学館)に掲載されデビュー[3]。その後『別冊コロコロコミック』(小学館)1991年8月号及び10月号において読切版「怪奇警察サイポリス」を発表し、これらを下地とした連載版「怪奇警察サイポリス」を『月刊コロコロコミック』(小学館)1992年1月号から1995年7月号まで連載した。なおデビューから連載開始までの間に「電脳探偵K-13」で第28回小学館新人コミック大賞にも入賞している[4]

『怪奇警察サイポリス』終了後も『月刊コロコロコミック』にていくつか作品を発表し、1999年5月号よりテレビアニメゾイド -ZOIDS-」のメディアミックス作品「機獣新世紀ZOIDS」の連載を開始する。連載は2001年10月号にて終了するが、その後自身のWebサイト上で「機獣新世紀ZOIDS EX」として続編を執筆している。ただしこれはあくまで個人的な活動であるため、トミー小学館などとは全く関係のない作品である。

2006年10月には『ヤングキング』(少年画報社)21号より、自身初の青年漫画作品となる「ツマヌダ格闘街(ツマヌダファイトタウン)」の連載を開始。2009年に『ヤングキングアワーズ』(少年画報社)へ移籍した後、2011年に『月刊ヤングキング(現・月刊ヤングキングアワーズGH)』(少年画報社)へ再移籍して2016年まで連載した。その後、同誌で『怪奇警察サイポリス』の実質的な続編にあたる『オニヒメ』を2018年まで連載。

作風編集

児童誌で作品を発表していた頃はSF要素などを織り交ぜる作品の比率が高く、児童漫画に多々見られるギャグ中心の作品は少ない。そのため当時は、主に年齢が高い読者に支持されることが多かったという[5]。また、1996年より連載を開始した「鉄鋼闘機ガイラ」時から漫画制作にパソコンMacintosh)を使用し始め[6]、この頃からアシスタントを起用していない[2]2006年より連載を開始した「ツマヌダ格闘街」からは、自身で撮影した写真を加工して背景に使用している[7]

なお海道ワタル名義で成年誌に漫画作品が掲載されたこともあるが、内容は非常にライトであり性的描写が存在しない。これは長年児童誌で描いてきた耐性が存在するためとのこと[8]

また自身のブログやpixivに「F絵」と称する藤子・F・不二雄風のパロディイラストを多数掲載しており、インターネット上において度々話題となっている[9]2014年に再放送されたテレビアニメ蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」第5話のエンドカード担当となった際には、この藤子・F・不二雄風イラストを提供した[10]。また、逆に藤子キャラを現代風のタッチで描いたパロディイラストも掲載している。

作品リスト編集

連載編集

読み切り編集

オリジナル編集

  • 怪奇警察PSY-POLICE(『月刊コロコロコミック』1991年スーパー新年増刊号) - デビュー作。『怪奇警察サイポリス』第1巻に収録。
  • 怪奇警察サイポリス(『別冊コロコロコミック』1991年8月号,10月号) - 連載開始前のプロトタイプ版。8月号掲載話は単行本第5巻収録、10月号掲載話は単行本未収録。
  • 電脳探偵K-13(『週刊少年サンデーSPRINGオープン大増刊号』1992年4月5日号) - 単行本未収録。
  • それ行け!ゲーム道(『月刊コロコロコミック』1993年春休み増刊号) - 単行本未収録。自身のWebサイト上で公開している。
  • ジンボーグ(『別冊コロコロコミック』1998年8月号) - 単行本未収録。
  • 熱血正義!Vボーイ(『ハイパーコロコロ』創刊号(1999年3月発売)) - 単行本未収録。
  • 忍法学園SASUKE(『ファミ通ブロス』2002年6月号) - 単行本未収録。
  • 憑鬼忍法帖 雷悟(『週刊少年チャンピオン』2003年52号 / 2004年1号) - 単行本未収録。前後編。
  • 兵庫助剣義開眼(『週刊少年チャンピオン バトル増刊バトリズム』(2004年1月発売)) - 単行本未収録。

コミカライズ編集

以下全て単行本未収録。

海道ワタル名義編集

以下全て成年漫画雑誌『COMICペンギンクラブ』(辰巳出版)掲載。単行本未収録。いずれも自身のWebサイト上で公開している。

  • 免疫戦隊グロブリン(2003年1月号)
  • 肖像画家(2003年3月号)
  • モンスター診療所(2003年4月号)

書籍編集

各巻の詳細は各リンク先を参照。

この他コンテンツワークスが運営するウェブサイト「コミックパーク」にて、2010年より「怪奇警察サイポリス」のオンデマンド版が発売中[12]

その他編集

など。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 唯一の兄弟合作作品[11]
  2. ^ タイトルは「緊急出動!シグナルマン」。
  3. ^ 漫画内タイトルでは「電磁戦隊メガレンジャー」だが、目次には「特別まんが・メガシルバー」と記載。

出典編集

  1. ^ a b 上山道郎. “自己紹介”. 別冊兄弟拳. 2014年5月5日閲覧。
  2. ^ a b 上山道郎 (2004年12月13日). “後進の育成についてまじめに考えることもある”. 別冊兄弟拳blog. 2014年5月5日閲覧。
  3. ^ 月刊コロコロコミック スーパー新年増刊』、小学館、1991年1月増刊号、 426頁。
  4. ^ 週刊少年サンデーSPRINGオープン大増刊号』、小学館、1992年4月5日増刊号、 319頁。
  5. ^ 上山道郎 (2010年2月23日). “メンバーズ”. 別冊兄弟拳blog. 2014年5月5日閲覧。
  6. ^ 上山道郎『鉄鋼闘機ガイラ』第1巻、小学館、1996年8月25日、初版、表紙折り返し。ISBN 4-09-142471-6
  7. ^ 上山道郎 (2006年10月8日). “ロケハン魂”. 別冊兄弟拳blog. 2014年5月5日閲覧。
  8. ^ 上山道郎. “免疫戦隊グロブリン”. 別冊兄弟拳増刊号. 2014年5月5日閲覧。
  9. ^ ドラえもんの世界に『ラブプラス』があったら?”. ガジェット通信. 東京産業新聞社 (2010年1月27日). 2014年5月5日閲覧。
  10. ^ Twitter / arpeggio_TV: ということで第5話のEDカードを描いていただいたのは、『ツマ ...”. 蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐‏ (@arpeggio_TV) - Twitter (2014年5月3日). 2014年5月5日閲覧。
  11. ^ 上山道郎 (2007年10月13日). “人に隠れて悪を斬る”. 別冊兄弟拳blog. 2014年5月5日閲覧。
  12. ^ コロコロで連載されていた「怪奇警察サイポリス」がついに復刊、作者のブログでは描き下ろしのイラストも登場”. GIGAZINE(ギガジン). OSA (2010年2月24日). 2014年5月5日閲覧。
  13. ^ 上山道郎. “メリーアン”. 別冊兄弟拳増刊号. 2014年5月5日閲覧。

外部リンク編集