メインメニューを開く

上州街道(じょうしゅうかいどう)は、北国街道上田から上信国境の鳥居峠に至る脇街道。鳥居峠から先上野(群馬県)に入ると信州街道(長野街道)と名を変え、中山道高崎まで続く。

概要編集

信州街道〜上州街道のルートは、中山道北国街道で結ばれる高崎上田間のバイパスとして利用された。また、鳥居峠で分かれる大笹街道を利用することで、善光寺方面への最短経路にもなった。

現在の上州街道編集

 
鳥居峠(長野・群馬県境)

上州街道のルートは国道144号が踏襲しており、同国道の通称となっている。そのうち特に住吉交差点(上田市住吉)〜住吉北交差点(同)にはしなの木通りという愛称が付されている。

上田市街地と上信越自動車道上田菅平ICとを結ぶ幹線道路として、また、菅平高原へと至る観光道路として機能している。

ほぼ全線が2車線のつづら折れの道路だが、インターチェンジへのアクセス道路として住吉交差点〜上野交差点は近年4車線に拡幅された。真田町長地籍では、1972年昭和47年)に廃止された上田交通真田傍陽線の廃線敷を利用したバイパス(真田バイパス)を経由している。

交差・接続する路線編集

沿道・周辺編集

 
国道144号沿いにある「ゆきむら夢工房」(長野県上田市)

戦国大名真田氏発祥の地である真田町を抜けており、近隣には史跡が点在する。