上敷香事件とは、1945年8月18日(もしくは17日)に南樺太敷香郡敷香町上敷香(ポロナイスク市管区ロシア語版レオニードヴォロシア語版)で起こったとされる朝鮮人虐殺事件のこと。上敷香虐殺事件上敷香警察署虐殺事件とも。

事件の経緯編集

1945年8月17日あるいは8月16日[注釈 1]、上敷香で19人の朝鮮人が「ソ連のスパイの疑いがある」という理由で警察署に連行され、うち18人が翌8月18日(あるいは8月17日)警察署内で射殺された。警察署の便所の汲み取り口から必死に逃げだした日本名中田という朝鮮人が、これを証言した[2]

ただし、上敷香には、8月16日に義勇戦闘隊も含めた総員避難命令が出され、翌17日朝には日本軍のトラックによって残留していた全住民が南の敷香へと移されている。住民の避難後、約2500戸からなる上敷香市街には火が放たれ、さらにソ連軍機20機の空襲があって全焼している[3]

その後編集

1991年8月、虐殺事件被害者の遺族によって、日本政府を相手取って損害賠償請求の提訴がなされたが、1995年7月27日東京地方裁判所時効を理由に訴えを棄却した[4]

参考文献編集

関連研究編集

  • 三田英彬『棄てられた四万三千人』三一書房、1981年4月30日

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 旧ソ連の尋問に答えた朝鮮人の証言によると虐殺は8月17日におこなわれたという[1]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 参照:サハリンレポートによる記事
  2. ^ 林えいだい、p.41。
  3. ^ 中山隆志『一九四五年夏 最後の日ソ戦』中公文庫、2001年、125頁、165頁。
  4. ^ 『判例時報』一五六三号、P. 121。

関連項目編集