メインメニューを開く

上方噺家(かみがたはなしか)とは、上方落語噺家落語家)のこと。一般的には「上方落語家」「上方落語の噺家(落語家)」などと称する[1]

現在上方の落語家が名乗っている亭号は、桂、笑福亭、林家、月亭、橘家、立花家、露の、森乃、明石家である。“林家”は本来は「林屋」と表記したが、江戸落語の林屋と区別するため[2]に「林家」に変えた経緯がある。また“露の”はかつては「露野」や「露乃」と表記される事があった。

上記の他に立川、三遊亭、三笑亭、三升家、橘ノもあったが、立川は明治10年代に、三遊亭は1960年代半ば(三遊亭を勝手に名乗っていた三遊亭圓子の流れは1970年代半ば)、三笑亭は1940年代半ば、橘ノは1970年代から空いたままになっている。三升家だけは現在も江戸色物(曲独楽)の亭号“三増”として存続している。

現在では上方落語協会などを設立している。

桂派・米朝一門編集

桂派・春団治一門編集

桂派・文枝一門編集

笑福亭一門編集

 
五枚笹は、笑福亭一門の定紋である。

松鶴一門の項参照

笑福亭一門は、系譜的には大阪の松鶴一門と京都の福松一門とに分かれる。但し福松一門は、現在は亭号を「森乃」とし、定紋も「五枚笹」から「梟(ふくろう)」に改めている。

露の五郎兵衛一門編集

 
桔梗は、露の五郎兵衛一門の定紋である。

露の五郎兵衛一門の項参照

露の一門は、系譜上は春団治一門の傍流とされる。これは二代目五郎兵衛が二代目桂春団治の弟子であるためである。

林家一門編集

林家染丸一門の項参照

上方の林家は元々江戸(東京)・林家から分立したものである。

現在の上方林家は五代目笑福亭松喬が二代目林家染丸を襲名して再興したため、系譜上は笑福亭(松鶴一門)の傍流とされる。また、再興の経緯から、現在は「染丸」を、旧来の「正三」(しょうざ)に代わる一門の止め名としている。

現在の上方林家は四代目染丸一門(三代目染語楼系統、四代目小染系統を含む)と三代目染三一門に分かれる。前者は上方落語協会・吉本興業に所属するプロ落語家であるのに対し、後者は染三が六代目松鶴との確執の末関西落語文芸協会を興し分離した物で、フリーまたはアマチュアの落語家が多い。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 公益社団法人上方落語協会 上方落語協会の歴史2017年2月25日閲覧、天満天神繁昌亭 上方落語家名鑑2017年2月25日閲覧。両webページ内では「落語家」「噺家」「上方落語家」と記してある。上方落語はかつて大阪落語と呼ばれていた。一般的に落語を演じる事を稼業とする者の呼称は東西ともに「落語家」・「噺家」で、特に上方落語(関西の落語)の演者を示す場合は「上方落語家」「上方落語の噺家(落語家)」などと呼び、東京の芸界では現在でも上方落語を「大阪落語」、上方落語の噺家を指して「大阪の○○師匠」などと呼ぶ事がある。少なくとも「上方噺家」という呼称は一般的ではない。
  2. ^ 江戸落語の「林屋」からの分流である為。現在は江戸落語の「林屋」も“林家”に変わっている。

関連項目編集

外部リンク編集