メインメニューを開く

上昇の彼方(じょうしょうのかなた)は日本の箏演奏家、作曲家の沢井比河流が作曲した箏曲

二パートと十七弦三重奏である。

2003年3月、沢井忠夫合奏団委嘱により作曲された。

沢井比河流作品の中でも人気が高く、強い要望により楽譜が出版された。

曲の特徴編集

  • 上昇を描いた第一楽章では後押し、第二楽章では、スリ爪を使うなど、箏でしか弾けない技法を取り入れた、沢井比河流作品の中でも人気のある曲である。」
  • 一楽章の押し手の部分は、「内側と外側が回るメリーゴーランド」、第二楽章では、自分のやりたいことに終わりがないのに気付いて愕然とする。と作曲者本人は語っている。
  • 一楽章では十七弦は人の歩みを表現し、ゆっくりと歩き出すが、足を引きずり、止まってしまう様子が描かれている。


関連項目編集

参考文献編集

  • 沢井忠夫『鳥のように』文芸社、2000年。