メインメニューを開く

上杉 教房(うえすぎ のりふさ)は、室町時代中期の武将足利将軍家の家臣。

 
上杉教房
時代 室町時代中期
生誕 不明
死没 長禄3年10月15日1459年11月10日
官位 中務少輔
幕府 室町幕府
主君 足利義教
氏族 犬懸上杉家庶流四条上杉家
父母 父:上杉持房、養父:上杉氏朝
兄弟 教房憲秀
政藤

略歴編集

犬懸上杉家庶流四条上杉家上杉持房の子として誕生。

上杉禅秀の子である父・持房は、禅秀の弟で四条上杉家・上杉氏朝の養子となっていたため、教房も父や氏朝と共に京都の足利将軍家に仕えた。6代将軍・足利義教から偏諱を受け教房を名乗る。享徳3年(1455年)から享徳の乱が始まると、教房も上杉朝房の系統で同族である越後国守護上杉房定に従って子・政藤と共に武蔵国にいた関東管領上杉房顕の救援に向かう。

しかし、長禄3年(1459年)の太田庄の戦いにて古河公方足利成氏の軍によって討たれた。