メインメニューを開く

上杉 朝定(うえすぎ ともさだ)は、室町時代前期の武士越後国守護である越後上杉氏の分家の一つ、山本寺上杉家の祖とされる。

 
上杉朝定
時代 室町時代前期
生誕 応永25年(1418年
死没 不明
氏族 山本寺上杉家
父母 父:上杉朝方、養父:上杉教朝
兄弟 房朝朝定
山本寺定種

略歴編集

応永25年(1418年)、上杉朝方の子として誕生したとされる。不動山城を築いたのは朝定とも、朝定の子とされる山本寺定種とも云われる。

山本寺上杉家の系譜ははっきり分かっておらず、戦国時代長尾氏に仕えた定長孝長(景長)などとの続柄は不明[1]である。

脚注編集

  1. ^ おそらく曾孫玄孫