メインメニューを開く

上杉 朝方(うえすぎ ともかた)は、室町時代前期の守護大名越後国守護越後上杉家3代当主。

 
上杉朝方
時代 室町時代前期
生誕 不明
死没 応永29年10月14日1422年10月29日
幕府 室町幕府 越後守護
主君 足利義持
氏族 越後上杉家
父母 父:上杉房方
兄弟 朝方頼方憲実重方清方
房朝朝定
テンプレートを表示

略歴編集

上杉房方の長男として誕生。応永28年(1421年)に父・房方が死去したため、跡を継いだ。この時期、室町幕府と4代鎌倉公方足利持氏は一触即発であり、朝方は弟・憲実関東管領である事から鎌倉派ではないかと疑われ、疑いを晴らすため、応永29年(1422年)6月に京の自邸で4代将軍足利義持を歓待した。

しかし、父の後を追うように10月14日に急死した。子・房朝が次の守護になるはずだったが、弟・頼方が幼い房朝の後見人として守護を継承した。